GAME OVER NTRレビュー

魔王に敗北した女勇者が、性行為による快感に敗北し、使命を放棄してしまう姿を描いたのが『GAME OVER』だ。

GAME OVER

いっぱい調教されちゃいました

本作品は姫や民の期待を背負い魔王に挑んだロリ系女勇者が、敗北の結果、魔王に調教され、仇的である魔王との性行為を感じまくってしまうようになってしまったヒロインの姿を描いている作品だ。

未熟な体つきの女勇者は既に敗北して数日。繰り返しの調教によって、魔王によるエッチな行為にとろとろ。回想を振り返りながらも快楽を受け入れ、最後には魔王のものになった証まで付けられてしまう姿を描いた漫画作品だ。

GAME OVER

販売サイトの1つであるDLsite.comでは寝取りタグが付いているものの、本作品は悪落ちをメインにした作品で、しいて言うのであれば若干寝取られ的な心境が描かれているというのが正しい印象を受ける作品だろう。

主人公は姫や村人の声援を受け、魔王に挑んだ。倒すべき存在を相手にする背中を押されたのに、現実は魔王によって開発され、性交に喜びも感じてしまう。直接的な恋愛関係などはないが、『魔王を倒すという応援された気持ち』を忘れさせるぐらいの体に開発済みのヒロインが水から魔王のペニスを求めるということから寝取りということにしているのであろう。

恋愛描写などがあるわけではなく、あくまで応援された気持ちを捨てて男を求めるため、あまり寝取られ感は無い。また、本編は魔王視点がほとんどないため、寝取る側の立場として見るのも難しいだろう。

あくまで本作は期待された気持ちよりも快楽を選んでしまうという悪落ち人力を入れている作品といえるだろう。

24点

寝取り・寝取られとは大きく異る作風の作品で、NTR目的で購入してしまうと大きくイメージを離れて感じて住まう可能性が高いだろう。あくまで可愛らしい勇者が使命よりも快楽を受け入れる姿を描いた悪落ち作品として検討するべき作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

NTR作品レビュー一覧

週末寝取り倶楽部 2016年3月20日~3月27日

週末、寝取り作品を楽しもう!

日曜日から土曜日までに、DLsiteさんで公開された作品の中から、
「寝取り」・「寝取られ」タグの付いた作品を集めてみました。

■今週の人気NTR作品■
いつでもどこでも好きなマ○コに中出しOK!孕ませOK!2

↓今週のNTR作品一覧↓

「週末寝取り倶楽部 2016年3月20日~3月27日」の続きを読む…

寝取られ彼女に手コキで射精させられるボク。 NTRレビュー

寝取られてしまった彼女に罵られながら手コキされてしまう姿を楽しむことができる低価格作品が『寝取られ彼女に手コキで射精させられるボク。』だ。

寝取られ彼女に手コキで射精させられるボク。

本作品は『佐野俊英があなたの専用原画マンになります』という、PCゲームのイラスト等を定められた利用規約の元に使用することができるツールを使用してイラストを制作された作品だ。

そのため、構図自体は似たような作品もあるだろう。

この手コキはねぇ、ご主人様に仕込まれたのよ。

低価格作品ということもあり、ストーリーはほぼ無い。スタート直後から、既にヒロインは、あなた以外の男に寝取られ・愛想をつかしてしまっている状態だ。

ヒロインはあなた以外の男によって既に性行為を経験済みで、性的な好みも全て変えられてしまっている。そのことや実際にエッチを通してめろめろになったことを卑猥な言葉とともに説明され、同時にアナタとの性行為に満足できなかったことも告白される。

ヒロインは罵倒に近い言葉を交えながら、『ご主人様とセックスするため』にアナタを手コキで性処理するのだ。

寝取られ彼女に手コキで射精させられるボク。

本作品の最大の特長は2つあるだろう。

まず1つは寝取られ済みのヒロインによるエッチオンリーということだ。既にヒロインは他の男によって堕ちており、あなたのことなどどうでもよいように思っている。そんなヒロインにけなされ、他の男との要素を説明させられながら射精する。寝取られシチュエーションにおいて堕ちた後のヒロインの姿や寝取られMシチュに興味があるのであれば、非常にマッチした内容になっているだろう。

もう1点は基本イラストが1枚であることだ。本作品は、基本イラストが1枚で簡易的な差分・テキストのみ変更されたものが8枚。一般的なイラスト集と比較すると劣化して見えてしまうかもしれないが、テキストの分量が多いため、ボリュームについては問題ない作品だろう。

構図自体は大きく変わらない。また、テキストの分量は1ページ1ページ非常に多い。そのため、どちらかと言うと挿絵付きの台詞オンリーSSという感じで楽しめることを想像すると、満足度が高くなるのではないかと思う。

7点

差分イラストの少なさや汎用的に使用されるソフトで制作されたイラストゆえ、視覚的には少し弱いかもしれない。だが、それを補うようにしっかりと長文テキストで描いている。

低価格ながら、寝取られたヒロインによる性行為や寝取られMシチュに特化した形でうまくまとまっている作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト


寝取られ彼女に手コキで射精させられるボク。

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

NTR作品レビュー一覧

週末寝取り倶楽部 2016年3月13日~3月19日

週末、寝取り作品を楽しもう!

日曜日から土曜日までに、DLsiteさんで公開された作品の中から、
「寝取り」・「寝取られ」タグの付いた作品を集めてみました。

■今週の人気NTR作品■
ダークエルフのヒストリア

↓今週のNTR作品一覧↓

「週末寝取り倶楽部 2016年3月13日~3月19日」の続きを読む…

ボクの美ママを友達が抱きたいというのでメチャクチャSEXさせてみた NTRレビュー

息子と性的な関係をもつお母さんが、息子や息子との性行為を行う姿や、息子が好きな女の子と性行為をさせてあげる姿を描いているのが「ボクの美ママを友達が抱きたいというのでメチャクチャSEXさせてみた」だ。

ボクの美ママを友達が抱きたいというのでメチャクチャSEXさせてみた

ママとボクは獣になる 母子ではなく ただのオスとメス

本作品は、息子と母が性行為を行うシーンから始まる。母親は既に性を目覚めさせられおり、息子との性行為を行うことが日常茶飯時になってしまう。それゆえ、息子も性的な行為に抵抗がなく、「母親に告白したい」と言う友人と一緒に母親と乱交のような性行為を行うような始末だ。

母親も性的な行為に麻痺しており、息子が好きだという女の子を連れて来て、性行為を促す。さらに、隣人も交えて、息子が好きな娘と性行為を行ったりもする。

まさに貞操概念のない親子を中心とした日常生活が描かれている。

ボクの美ママを友達が抱きたいというのでメチャクチャSEXさせてみた

さて、本作品のNTRとしての感想を正直に書くとすれば、「寝取られ感は少ない」と言えるだろう。タイトルでは「ボクの美ママを友達が抱きたいというのでメチャクチャSEXさせてみた」と書かれているため、「息子の友達によって堕ちる」というのを想像する人も多いだろう。

しかし、本作品、息子が友人を誘った直後、息子の友人×母親の本格的な性行為のシーンに移動する。そして、母親も最初は「他の女性を襲わないように」と言っているが、スグに乱れまくり、かつ「他の女性を襲わせない」と言いつつも「ちんぽを受け止める」といった、エッチな発言をしているがゆえ、堕ちる前と後の様子があまり強く感じられない。

また、本作品では息子が好きな女の子が隣人のおっさんによって犯されてしまうような姿もあるが、こちらもシーンのテンポが早く、あまり寝取られ感が弱い感じがする。寝取られというよりかは「寝取らせ」感が全体的に強く、かつ寝取られた側である息子があまり意識していないため、全体的にはNTRが薄めに感じてしまうだろう。

ボクの美ママを友達が抱きたいというのでメチャクチャSEXさせてみた

ただ、この作品300円という低価格の割には、始終Hシーン盛りだくさんで、乱交や淫乱な家族をテーマにした作品としてはよくできている作品だろう。

NTRオンリーの作品というよりかは、広範囲をカバーしたエロ作品という認識で検討することをおすすめする。

62点

寝取られというよりかは寝取らせ感の強い作品。また、NTR関係のシーンは短めで即落ち感も強く、かつ乱交の延長のような寝取られシチュが多いので、NTR作品としての印象は弱めだろう。

作品全体の質は低価格ながら高いので、母×息子シチュエーションが好きであるか、乱交や淫乱な家族による生活の日々を楽しみたい場合に検討するべき作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

タイトル

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

NTR作品レビュー一覧

週末寝取り倶楽部 2016年3月6日~3月12日

週末、寝取り作品を楽しもう!

日曜日から土曜日までに、DLsiteさんで公開された作品の中から、
「寝取り」・「寝取られ」タグの付いた作品を集めてみました。

■今週の人気NTR作品■
僕は彼女の寝取られ現場を全て見ていた 後編

↓今週のNTR作品一覧↓

「週末寝取り倶楽部 2016年3月6日~3月12日」の続きを読む…

銭ゲバハニートラップ 僕が最愛の彼女を小銭で売り叩くまで NTRレビュー

付き合ってちょうど3年目の記念日の5日前。課外授業で遠出する彼女と記念日にお祝いとエッチする約束をするアナタ。だが、そんな幸せ一杯の楽しみは、彼女と会えない5日間の間に迫る後輩の手により、崩れていく。

約束をしながらも、約束前に後輩の手によってM調教されてしまい、最愛の彼女を寝取られながらも性行為を行われる姿を描いたボイス作品が、今回感想紹介を行う「銭ゲバハニートラップ 僕が最愛の彼女を小銭で売り叩くまで」だ。

銭ゲバハニートラップ 僕が最愛の彼女を小銭で売り叩くまで

あれれれー、今日は彼女さんと一緒じゃないんですね?

彼女と約束した次の日、アナタに声をかけてきたのは、一度も話したことのなかった後輩だった。課外授業で彼女が遠くに行っていることを知っている彼女は、アナタから「記念日にお祝い」することを聞き出す。それが地獄への始まりだった。

次の日、アナタは混雑する電車で後輩と再会する。密着する電車の中で密着し、淫らな言葉を囁くように話しかける。その次の日はトイレに誘い込まれ、媚薬を刷り込まれながら卑猥な言葉で勃起し、マゾを自覚させられてしまう。そして彼女との約束の前日、マゾを自覚されてしまったアナタは、ヒロインで足コキされお金を貢ぎながら果ててしまうのだ。

彼女さんを100円で売って? 小遣いみたいな小銭で他の男に犯させてよ

連日の調教により、後輩の魅力に虜となったアナタは、彼女との約束の場所には行かず、後輩の元へと来てしまう。100円でのおま◯こを提示する後輩だが、前日にお金を搾り取られてしまったアナタは、全くと言ってお金がない。そんな後輩が提示するのは「彼女を売る」こと。

後輩の魅力に取り憑かれてしまったアナタは、ありえない価格で後輩に自分の彼女を売ってしまうのであった。

銭ゲバハニートラップ 僕が最愛の彼女を小銭で売り叩くまで

本作品は、M調教と寝取られという組み合わせを題材にした珍しい形式をテーマにしたボイス系寝取られ作品である。彼女がいない間に、短時間で魔性の女とも言える性格の後輩にMを自覚された上、媚薬や繰り返しの誘惑行為によって、彼女ではなく後輩の性の虜になってしまう。

後輩はラブラブな関係に嫌悪感を持っており、M男を見抜くのに長けている。それゆえ、最初からアナタがM男であることを見抜き、カップルを破綻させるための方法も熟知している。M調教を繰り返し、最後には彼女を彼氏自らがバカ安の価格で売ってしまうように誘導していくのだ。

寝取られ系の作品に分離されている印象であるが、個人的にはスワッピングによるお互いの快楽堕ちという印象を受けた。全6パートある本作品ではあるが、寝取られ系シチュは「終末の日」パートのみだろう。

既にこの日までに主人公は後輩の犯され浮気によって堕落しており、快楽のために少しの迷いを抱くだけで彼女を差し出してしまう。また、彼女も最初は犯されて嫌がるような様子を見せるが、数回の性行為で堕ちていく。最後には彼女自らも求めてしまう。非常に短期間で堕ちるような構成にもなっているため、純粋なゼロベースからの寝取られ作品としては少し即落ち感も強い。

スワッピングでお互いが快楽堕ちしてしまう作品に、少しヒロインの陵辱要素&スワッピングであることを知らないというイメージの方が、全体的な印象が合う気がするだろう。

銭ゲバハニートラップ 僕が最愛の彼女を小銭で売り叩くまで

シーン内容は手コキ、足コキ、脱衣命令、寝取られ実況聞きながらお金請求付きセックス、寝取られ陵辱だ。寝取られ系のシーンは、お金を請求されながらセックスを行うためにヒロインが寝取られてしまうというような内容ゆえ、彼女の寝取られ陵辱を聞きながら後輩とお金請求ありきのセックスを行うのが同時に行われていく。

珍しいタイプの作品ゆえ、1点注意しておきたいことがある。それが後輩がアナタを調教する時の話し方だ。

本作品では、直接的なあなた自身への性行為は、後輩によってM調教される、陵辱される彼女の声を聞きながら後輩と性行為を行うシチュエーションだ。彼女が寝取られている場面も、後輩が話し掛け、後輩との性行為を行うことになる。(彼女が寝取られる音声のみのバージョンも別ファイルであり)

それゆえ、本編シーンの多くで「後輩」の語りかけがあるのだが、語りかけの多くが「囁き」ボイスである。ボイス作品の演出方法としてよく利用される「囁き」口調のボイスが非常に長く続く。通常の話し方よりも数倍近い時間と感じるほど多いのだ。その結果、「囁き」ボイスゆえ声が小さい状態で彼女が寝取られるシーンが同時に流れるような場面もあるので、非常に聞き取りにくい印象を受ける場面もかなり多い印象があった。

全体的に囁きが多すぎて、効果的どころか、囁きメインの作品になっている印象も受ける。「囁き」ボイスが好きであればそれはそれで楽しめるかもしれないが、個人的には「囁き」が少し使いすぎていて聞こえづらさになってしまっており、寝取られ感を弱めてしまっていた印象に感じてしまったのが残念だ。

8点

なかなかおもしろいテーマではある一方で、短期間の時代設定で調教されていく感じゆえ、寝取られるためのM調教にテンポの速さを感じ、少し堕ちるまでの過程が弱く感じてしまった印象があるのが残念だ。

また、寝取られる彼女が非常に短い時間で落ちてしまうのも、陵辱から始まる寝取られとしては、即落ち感も強かっただろう。

ただ、『ネトラレを意識したM調教』や『お金を絡ませた寝取られ誘導』『ボイス演技のレベルの高さ』など光るポイントも多く、想像を膨らませれば非常に面白い寝取られ感を味わうこともできるだろう。

寝取られとしては焦らしの強さが裏目に出て荒削りになっている感じもあるが、粗さに目をつぶっても面白い特徴を持つ、独自路線の寝取られ系作品だと思う。犯され系のシチュエーションも好きなM寝取られ好きには特にお勧めもできるポイントもあるので、少し尖った個性的な寝取られ作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト


銭ゲバハニートラップ 僕が最愛の彼女を小銭で売り叩くまで

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

NTR作品レビュー一覧

一家で夜逃げした幼馴染が鬼畜系動画サイトにUPされていた件 NTRレビュー

借金取りから逃れるために夜逃げしてしまった彼女の居場所を探す中、届いたのは鬼畜系動画サイトの会員ID。映像に映るのは、自分の名前を叫びながら処女を失う彼女の姿だった。

行方不明になっていた彼女が犯され変化する姿を動画サイトを通じて知っていく姿を描いたのが『一家で夜逃げした幼馴染が鬼畜系動画サイトにUPされていた件』だ。

一家で夜逃げした幼馴染が鬼畜系動画サイトにUPされていた件

『一家で夜逃げした幼馴染が鬼畜系動画サイトにUPされていた件』は夜逃げしてしまった彼女が
鬼畜系動画サイトを通じて犯されている姿
を知っていく、寝取られ系統の作品です。

皆様にお待ちかねの貫通式を始めさせていただきます

夜逃げしてしまった彼女を探していた主人公の元に届いたのは、鬼畜系動画サイトの特別会員。そしてその動画サイトの映像には、借金を返すためという口実と威圧的な男達の命令により、自慰・処女喪失を彼女の姿。

一週間の調教の結果

動画で大人気となったヒロイン。一週間の調教成果という趣旨の男の台詞から始まる動画には、嫌がりながら犯されている姿と大きな違いを見せる彼女。

尻マ◯コほじられて喜ぶ肉穴奴隷ですぅ

挿入好意も喜び受け入れ、アヘ顔。
そして自らがご奉仕する姿へと変化していく。

動画が繰り返され、淫らな姿も受け入れていくヒロイン。
そんな姿を見る主人公。

二人に待つのは、以外な結末です。

一家で夜逃げした幼馴染が鬼畜系動画サイトにUPされていた件

本作品は、行方不明となったヒロインの痴態を動画で見えられてしまうというネトラレ色の強い設定の作品だ。

枚数は最もボリュームの多い「文字・擬音あり」のパターンで、非エッチシーンを含んで36枚。

シーン内容は胸責め・自慰・処女喪失・ケツバイブ・コスプレ(体操着)・フェラ・ひょっとこフェラと広域。男性主導が中心で、鬼畜系サイトとの動画を見ているという設定らしく、縄のようなもので締め付けられている姿も多め。

色黒で巨乳のヒロインなので、締め付けている縄や服の合間から見える日焼け後の境目とかが魅力的。ページ数は少ない印象ですが、1シーン1シーン2~3枚で終わるケースが多いため、漫画系の作品に近い印象になっています。

ただ、ヒロインと主人公の恋愛関係はナレーションで紹介されるだけにとどまっており、ヒロイン自身も最初は抵抗するものの、相手側の威圧的な態度で『彼以外の男に抱かれる嫌悪感』というよりかは『陵辱的な性行為に対する否定』という要素が強く見受けられる。

その結果、どちらかというと
ハードな陵辱に嫌がりながらも受け入れていくヒロイン
を描いている感じが強い作品だ。

また、エンディングもどちらかと言うとハード要素をしっかりと抑えているようなハッピーエンドになっているため、『愛する人を失う悲しみ』を寝取られ要素に期待している場合は、ちょっと寝取られ系の要素よりかは陵辱・鬼畜系のシーンを強く感じるかの異性も高いと思います。

寝取られ作品よりですが、動画運営会社側の視点で作品を見て、寝取り視点とかで見たほうがNTR作品としては強い印象を受ける可能性も高いのではないかと思う。

67点

主人公とヒロインの関係性があまり描かれていないため、作品自体は鬼畜系作品でよく描かれている印象ですが、NTR視点で見ると陵辱色が強すぎてしまい、NTR要素は少なめに感じました。

特にエンディングは少しハッピーエンドよりで、どちらかと言うとSよりな特殊な終わり方なので、調教物に近いような意識を感じる作品だったと思います。

Mよりの寝取られ好きよりかは、Sで寝取る調教が好きな人向けの作品という印象の強い作品でした。

この作品をダウンロードできるサイト

タイトル

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

NTR作品レビュー一覧