陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は、大学のヤリサー集団にハメられビッチへと変貌していきました。 NTRレビュー

夢を背負い、いつか金メダルを夢見て励んでいた少女が
薬漬けセックスに深まっていく……

自分の代わりに頑張っていたヒロインがいつの間にかに
ビッチになっていた姿を楽しむことができるのが
「陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は、大学のヤリサー集団にハメられビッチへと変貌していきました。」だ。

陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は、大学のヤリサー集団にハメられビッチへと変貌していきました。

「陸上一筋で夢に向かって頑張っていたはずの彼女は、大学のヤリサー集団にハメられビッチへと変貌していきました。 NTRレビュー」の続きを読む…

不条理世界のその下で~キモ男に彼女を寝取られて~ NTRレビュー

『絶対子作り法』

選ばれた男性は好きな女性を自由に犯しても良いという法律の施行。

キモ男として嫌われてい先生が執行者として選ばれてしまい、
彼女を寝取られてしまう姿を描いたのが
「不条理世界のその下で~キモ男に彼女を寝取られて~」だ。

不条理世界のその下で~キモ男に彼女を寝取られて~

「不条理世界のその下で~キモ男に彼女を寝取られて~ NTRレビュー」の続きを読む…

親友の兄に騙されて孕まされた私に救いなんかどこにもない NTRレビュー

親友・沙綾が兄にレイプされていることを知った凛。
しかし、沙綾の兄は沙綾の代わりにと、凛に体を迫る。

妹と彼女持ちの妹の親友を犯す姿が描かれているのが
親友の兄に騙されて孕まされた私に救いなんかどこにもないだ。

親友の兄に騙されて孕まされた私に救いなんかどこにもない

「親友の兄に騙されて孕まされた私に救いなんかどこにもない NTRレビュー」の続きを読む…

某有名私立大学ヤリサーの実態〜新歓コンパでハメられた高峰美春の場合〜 NTRレビュー

幼い頃から幼なじみ、清楚な美春。
大学に入ることが出来なかった自分だが、美春は
テニス部に入ったとのこと。
しかし、そのテニス部はヤリサーだった。

意識していた幼なじみがヤリサーに入り、流されていく内に
ヤリサー先輩に寝取られてしまう姿を描いているのが
「某有名私立大学ヤリサーの実態
 〜新歓コンパでハメられた高峰美春の場合〜」だ。

某有名私立大学ヤリサーの実態~新歓コンパでハメられた高峰美春の場合~

「某有名私立大学ヤリサーの実態〜新歓コンパでハメられた高峰美春の場合〜 NTRレビュー」の続きを読む…

ホントノキモチ 寝取られレビュー

最初は嫌われるような出会い方をしてしまった主人公とヒロイン。しかし、たまたま一緒になったアルバイト先で交流を深め、ついには恋人同士に。そんな中、新たにやってきたアルバイト男性は女癖でも有名な先輩だった。

様々な出来事を繰り返し、恋人関係になったボクっ娘彼女が
知らないところで男に蝕まれていた様子を描いている、
寝取り・寝取られエロゲが「ホントノキモチ」だ。

ホントノキモチ

「ホントノキモチ 寝取られレビュー」の続きを読む…

その頃、あの娘は…2 NTRレビュー

チャラ男の罠により、一夜を共にしてしまい、
女としての快感を覚えさせられてしまったミカ。

一連の流れが罠だとわかっても、快感を覚えてしまった体は
ダメ・悔しいと思っても求めてしまう。

その頃、あの娘は…2

今作では、「快感を覚えてしまった」ヒロインを、男達がとどめを刺し、
完全に屈服させるような快楽堕ちシーンに焦点があたっている作品だ。

「その頃、あの娘は…2 NTRレビュー」の続きを読む…

懲らしめてると思ったのに 【お姉ちゃんは負けません!~身代わり便器になった姉の悲鳴をボクはまだ知らない~】 NTRレビュー

いじめっ子に喧嘩したところ、強いお姉ちゃんは
褒めてくれなかった。それどころか……

強いと思っていたお姉ちゃんが、裏ではいじめっ子の
親子に開発されてしまっている様子を描いているのが
「お姉ちゃんは負けません!~身代わり便器になった姉の悲鳴をボクはまだ知らない~」だ。

お姉ちゃんは負けません!~身代わり便器になった姉の悲鳴をボクはまだ知らない~

「懲らしめてると思ったのに 【お姉ちゃんは負けません!~身代わり便器になった姉の悲鳴をボクはまだ知らない~】 NTRレビュー」の続きを読む…

学校でエッチしてたボクっ娘を快楽堕ち【ボクとせんせいのなつやすみ】NTRレビュー

学校内でエッチしていたことが原因で呼び出されたボクっ娘に
エッチを強要し、快楽に溺れさせる。

快楽堕ち系統のNTR姿を描いているのが
『ボクとせんせいのなつやすみ』だ。

ボクとせんせいのなつやすみ

「学校でエッチしてたボクっ娘を快楽堕ち【ボクとせんせいのなつやすみ】NTRレビュー」の続きを読む…