性処理法 NTRレビュー

国で可決された性処理係に選ばれてしまった彼女が
様々な男たちに抱かれている姿を眺めている彼氏を楽しめるのが
「性処理法」だ。

愛し合い、高嶺の花とも言われていた彼女が、
性的な行為を誰からでも受け入れてしまうような
ビッチになってしまった。

そんなビッチな彼女の姿と、
守れなかった主人公が行き着く心情が感じられる作品です。

主人公ハルとその彼女ヒトミは学生同士。
高嶺の花とも言われていたヒトミと付き合った主人公は
彼女との初体験も行い、幸せな日々を過ごしていた。

『それは勉学効率向上のための性処理係を学内に設置しようと言うものらしい』

そんな中、国では「性処理法」と呼ばれる法律の審議が進んでいた。
否決されると思われていたその法律だったが、
なぜか可決されてしまい、主人公の彼女であるヒトミが
性処理係として選ばれてしまうのだった。

『ヒトミは性処理係になるための手術を受けさせられた』

今作品は国によって決まった法律に則り、学内で配置される
性処理係に彼女が選ばれてしまった姿を描いた読み切り漫画作品だ。

全26ページの白黒で描かれた本作品は冒頭から7ページほどで
彼女との幸せな日々から彼女の性処理係任命までが描かれ、
残るは性処理係として選ばれてから数カ月後の姿が描かれている。

『ただ事実としてヒトミは変わった
 すっかり変わってしまった』

冒頭にも初体験のシーンがあるが、
メインとなるシーンは性処理係に選ばれて数カ月後のシーンだろう。
冒頭では清楚な感じのヒロインがメインのシーンになると
ガンガン抱かれまくっている。

明確な説明はないが、手術を受けたことによって彼女自体の
貞操概念などはなくなり、男性たちのものを受け入れる、
まさに性処理係にふさわしい人間になっているのだ。

学内だけの性処理のはずが、学外でおっさんにも抱かれる。
そして生徒指導を想像しただけでキュンとしてしまい、
呼ばれれば性処理係の仕事と言って男についていく。

どちらかと言うと
ビッチ堕ちした寝取られ後の世界を楽しむことができるだろう。

「ハルくんもしたくなったらいつでも言ってよね」

そんな本作、法律に則っての寝取られでもあり、
かつ実際に堕ちていくようなシーンはなく手術設定もあるので
薬堕ちとかに近く、NTRのビフォー&アフターが楽しめる作品だ。

しかし、よりNTRをフォローしているのが主人公の心情だと思う。

性処理係の任務を遂行するためにビッチのような姿に
なった彼女は生徒たちからも過去の姿とはまるで違う、
でも抱けるからいいかと完全に人としては見ていないような
感じに見られる。

そんな彼女に対して、主人公はこのままでいいのかと
問いかけようとしたり、抱かれている彼女のそばで
じっと眺めていたり。

苦悩しているような様子が見られている一方で
最後のシーンではNTR系の作品らしい一幕もひっそりと
描いているため、「守れなかった彼女」を「なんとか支える」
ような男性の姿が描かれているようにも感じる。

清楚な彼女を守れなかったという寝取られ特有の
感情を重く感じることもできる作品だろう。

7点

ビッチ堕ちした彼女の性行為の日々と
守れなかったことからの負い目を感じる男性の
気持ちを楽しめるようなエロ漫画。

堕落の過程などは完全に省略されており、
初体験の甘々だったヒロインが性のことを考えまくる
ビッチな姿に変化してしまったというような
寝取られ前と寝取られ後の日々を楽しめるような作品だ。

主人公のヒロインを想う姿も描かれているため、
守れなかったという罪悪感のある主人公のリアリティを
感じることもできる作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

性処理法