さらば精子ゅんの光 NTRレビュー

突然裸になって性的な奉仕してくれるほど
主人公に一目惚れしていたヒロインが
友人の男性との性交も行い、主人公と比較されて
劣等感を抱かされる姿を楽しめるコミック作品が
「さらば精子ゅんの光」だ。

さらば精子ゅんの光のNTRポイント

  • 低価格で楽しめる、本編18Pほどのコスパ良いカラー漫画
  • 現実ではほぼありえない、唐突に始まる初めてのエッチ
  • 自分を好きと言ってくれた子がすぐ友人との性行為が気持ちいいという劣等感を感じられる

「さらば精子ゅんの光 NTRレビュー」の続きを読む…

俺は風呂場で彼女の姉に寝取られる NTRレビュー

絶倫気味の主人公が彼女との性行為で
発散しきれなかったところ、経験豊かな彼女の姉が
風呂場へ入り込み、一線を越えてしまう
逆寝取られ・浮気よりのプレイを楽しめるのが
「俺は風呂場で彼女の姉に寝取られる」だ。

俺は風呂場で彼女の姉に寝取られるのNTRポイント

  • 彼女とのエッチに消化不良直後、彼女の姉にエッチなことをされちゃう
  • 彼女とのHシーンもあり! 彼女の姉との行為では類似プレイも多いからこそ比較しちゃう
  • 彼女の姉との不貞な行為をしてしまう背徳感を短い読み切りで楽しめるエロ特化作品

「俺は風呂場で彼女の姉に寝取られる NTRレビュー」の続きを読む…

寝取られるビンカン若妻あずき NTRレビュー

敏感体質な若妻がフィットネスで
媚薬入りマッサージとエッチなことをしてしまった
男性を自宅に招き入れ、母乳を絞られたりしながら
セックスしまくるのが
「寝取られるビンカン若妻あずき」だ。

媚薬×敏感な体質から男を受け入れてしまい、
そのままいけないことと思いつつも
体を重ねる様子を楽しめる。

寝取られるビンカン若妻あずきのNTRポイント

  • 敏感体質な若妻が媚薬マッサージから男を受け入れちゃう
  • 母乳描写あり、敏感体質なヒロイン
  • 一部シーンでエロ下着あり

「寝取られるビンカン若妻あずき NTRレビュー」の続きを読む…

俺の妻とセックスしてくれ NTRレビュー

元カレに妻を抱くようにお願いして抱かせたところ、
かつての快感を妻が取り戻し、
元カレとの性行為に乱れまくる日々になってしまう姿を
楽しめるのが「俺の妻とセックスしてくれ」だ。

俺の妻とセックスしてくれのNTRポイント

  • 元ギャルだけど今は良い妻が寝取らせきっかけで寝取られる
  • いい母親ゆえに快楽で日々が変化する姿が丁寧
  • ハード過ぎない王道寝取らせからの寝取られとして入門に良し!

「俺の妻とセックスしてくれ NTRレビュー」の続きを読む…

操りアイテム「催眠指揮棒」~リア充女子が陰キャ教師の肉便器になりました~

生徒たちからバカにされている教師の主人公が
催眠アイテムを使って学生たちを自らの思い通りに
してエッチなことをしまくる姿を楽しめるのが
『操りアイテム「催眠指揮棒」』だ。

「私達全員迷惑しているのでしっかりして下さい」

主人公である内田は女子校の教師だが、
授業中には注意しても反抗され、
委員長にはその姿を指摘されるなど、
いらっとすることが多かった。

そんなときに思い出したのが「魔法の指示棒」。
怪しいサイトで購入したこの棒は
教育に順次する人間が持てば誰でも操れるというものだった。

「み、みんな 真面目にテストを受けるんだ…!」

今に見てろとその棒を携えクラスに戻った内田は
生徒たちに向かってその棒を使って指示、
すると指示を受け入れ、効果が本物であることを知る。

内田はこの棒を使ってバカにしていたクラスの生徒を操り、
さらには他のクラスの女性や女教師に対しても
エッチな命令をしていくのだった。

本作品は生徒たちに強く出れなかった男が
催眠アイテムを使って学内の女性たちを支配していき、
エッチなことをさせていく姿を描いたカラー漫画作品だ。

コマ割りされたマンガ形式の作品となっており、
非エッチシーンも含めた40Pはすべてカラーで構成されている。

「よし、第一問は
 先生のチ●ポを美味しそうにしゃぶる事!」

内容として催眠を使って女学生たちにエッチな命令をし、
奉仕させたりするようなプレイが多い印象だ。

即落ち系の作品となっているため、
基本的には自己の性欲を満たすために
女学生たちに舐めさせたり本番をしたりする。

プレイの幅は広く、即落ちなのでテンポが早い。
学生たちに対して次々とエッチな好意をしていく姿は
まさに爽快感もあるような展開だろう。

一方で寝取りの視点としては一部女性キャラに
適応シーンが有るという感じだろうか。

ほかの男子教師が手を出していた女学生を
男子教師の前で催眠かけてエッチなことをしたり。

彼氏とエッチな約束をしている女教師に対して
電話をかけさせながら本番行為をするといった内容だ。

それゆえすべての女学生が対象ではないが、
寝取り的なポイントはまずまず抑えている印象もある。

ただし、催眠は即堕ち故に抵抗などもなく、
どちらかというと快楽の結果で彼氏との比較を言うなどが多い。
寝取り的な視点で見ると、催眠によるプレイは
快楽落ちした寝取りヒロインとのエッチに近いもの
がある。

寝取られた後のビッチな姿とかが好きな人のほうが
楽しめると思うが、そこまでガッツリと寝取りを楽しむよりかは
学校全体を好き勝手にする催眠ものという印象だろう。

5点

フラストレーションが溜まった学園を
催眠効果のある道具を使って
鬱憤を晴らしていく教師の学園ものに
寝取りとしてよく見かける要素も
一部組み込んでいるような作品。

メインとしては自分のストレスになっていた
女学生やほかクラス、女教師を催眠で好き勝手にしていく
という即落ち催眠学園支配ものだろう。

それゆえに寝取りはその一部の女性の中にいる
彼氏や関係を持つ男性がいるような女性のみだが、
エッチしながら電話する、男と比較する言葉を出すなど、
寝取り的な要素も組み込んでいるような作品だろう。

一方で一人ひとりのキャラクターは落とし込まれて
いないために、催眠で好き勝手にヤルという印象も強い。

寝取り的な要素もあるが、
寝取りとして深く入り込めるような要素も少ない印象があるため、
NTRだけで見るのはやや厳しい印象もあるだろう。

メインとしてサクサク催眠で学園の女性たちを
好き勝手にしていくというプレイが好きな人で
NTR的な要素もあると嬉しい方向けの作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

操りアイテム「催●指揮棒」〜リア充女子が陰キャ教師の肉便器になりました〜

催眠マッサージ~エステでイかされ寝取られる人妻たち~ NTRレビュー

新装開店エステにやってきたお客さんが指定した
アロマオイルは催淫効果があった!?

支配できちゃった人妻お客たちと
エッチな行為をし、楽しみの一環で寝取り的なことも
楽しんじゃう姿を楽しめるのが
「催眠マッサージ~エステでイかされ寝取られる人妻たち~」だ。

計画的に寝取るような作品ではなく、
たまたま人妻達を抱けるような環境に出くわしてしまい、
結果そのままの勢いで寝取るような行為を
楽しむことができる同人誌だ。

「催眠マッサージ~エステでイかされ寝取られる人妻たち~ NTRレビュー」の続きを読む…

ギャルゲーの主人公のようなモテモテ男子がロッカーの住人になるまで NTRレビュー

生意気だけどかわいい妹もいる、優しい幼馴染もいる、
好きな先輩もいる。

何気ない学園生活に幸せを感じていた主人公が
ある日周りの女性が悪友と関係を持っていることを
知ってしまう姿を描いたのが
「ギャルゲーの主人公のようなモテモテ男子がロッカーの住人になるまで」だ。

全くそんな素振りを見せていなかった仲いい女性たちが
悪友と関係を持っていたことを知り、さらにその様子を
ロッカーに隠れてみてしまう主人公。

寝取られマゾよりの性癖を開花してしまったような
男性の姿を学園漫画風の世界観で楽しむことができる
漫画系作品だ。

「ギャルゲーの主人公のようなモテモテ男子がロッカーの住人になるまで NTRレビュー」の続きを読む…

山内君、ごめんなさい 今から抱かれに行ってきます レビュー

昔の彼氏との弱みを後輩に握られ、
彼氏以外の男に抱かれてしまい、罪悪感を懐きつつも
抱かれていく様子を楽しめる作品が
「山内君、ごめんなさい 今から抱かれに行ってきます」だ。

寝取られたことからの保身、それゆえの自身への自己嫌悪。
ちょっと違った雰囲気のある寝取られが生む問題を
感じられるような作品に感じる。

「山内君、ごめんなさい 今から抱かれに行ってきます レビュー」の続きを読む…

エロ同人作家の僕の彼女は浮気なんてしない。 NTRレビュー

エロ同人誌を描く彼女が、有名な同人作家に呼び出され、
弱みをネタに犯されながらも身体が反応してしまい、
彼氏以外に寝取られてしまう姿を描いたのが
「エロ同人作家の僕の彼女は浮気なんてしない。」だ。

過去に一夜をともにしてしまったことを無いことにするため、
もう一度犯されるも身体が反応してしまう。
彼氏とは違う凶暴なセックスに本性が許してしまうような
背徳感のある性行為と導入部分が丁寧な寝取られを感じられる
エロ同人誌作品だ。

「エロ同人作家の僕の彼女は浮気なんてしない。 NTRレビュー」の続きを読む…

カウント100 聞かされ続けた敵と妻の子作りボイス レビュー

中央連邦捜査局の一員として夫婦で戦うヒロインが
任務で失敗して捕まり、
夫や捕まっている女性を理由に犯され堕ちる。

強気な女性が相手を憎みつつも感じてしまうような
姿を強く楽しめるのが
「カウント100 聞かされ続けた敵と妻の子作りボイス」だ。

「カウント100 聞かされ続けた敵と妻の子作りボイス レビュー」の続きを読む…