夏色のコワレモノ NTRレビュー

引っ越し直前の最後の夏。
お互いが意識しているような幼馴染の女の子が
知らないところで様々な方向性の寝取られていくような
姿を楽しむことができる探索系ADVが
「夏色のコワレモノ」だ。

本作品は過去に寝取られ系作品も公開されている
しなちくかすてぃーらさんが2020年6月に公開された
RPGジャンルの作品だ。

RPGジャンルではあるものの、雑魚戦闘などがあるわけではなく、
様々なポイントを調べていくことをメインとした探索よりの
アドベンチャーRPG形式
と言えよう。

プレイヤーは夏休み終了後に引っ越しが決まっており、
最後の夏休みはヒロインの家で過ごすことになっていた。
目的はヒロインとの思い出を回収し、夏休み最後に告白すること。

ヒロインとの思い出を回収するためには、
運動や知識を消費しなければいけないクリスタルが配置された
エリアを突破しなければいけない。

場所移動やイベントを発動していくと時間が経過していくため、
プレイヤーは各地に現れる虫、アルバイトなどでお金や能力をあげつつ、
無料もしくはお金を支払って大幅にステータスをあげられる施設で
能力をあげていき、ヒロインとの思い出を手に入れていくことになる。

しかし、ヒロインの周りにはゲスなことを考える人物も多い。
行動していると、ヒロインに迫る魔の手が増えてしまうかもしれない。

例えば、アルバイト先の同僚がヒロインと出会う機会を与えてしまうかもしれない。
例えば、予備校のパンフレットを手にしたらヒロインが市街地へ行くきっかけに
なってしまうかもしれない……。

気がつけば、ヒロインに様々な魔の手が迫っており、
自分を意識していたヒロインも他の男への愛情が芽生えてしまったり、
性的な快楽で陥落してしまったりするかもしれないのだ。

さて、そんな本作品は寝取られ系の作品だが、
複数の方向性の寝取られを楽しめると同時に、
「知らないところで寝取られてる」というのが魅力だろう。

快感的に犯されて体を許していくケースもあれば、
積極的なアピール故に他の男に結果寝取られるケースもある。
メニュー画面では上記サンプル画像のような他の男への
関係が目に見えてわかるようになっているため、
まさに蝕まれている感じがわかる。

また、プレイヤー視点で基本進むため、
直接ヒロインと寝取り男たちとの接点を見ることは少ない。
しかし、ヒロインに電話をしてみると明らかになにか起きている様子が
わかったり、ヒロインが普段行かないような場所に移動してたりする。

何かあっただろう日付が過ぎてから彼女の部屋に行けば、
具体的に何があったのかを確認することもできるので、
まさにいつの間にかに寝取られていたというのを強く
楽しむことができるだろう。

SNSや電話といった現代的なものにも通ずる機能なども
取り入れていて魅力も多く、探索ならではのRPG要素を入れている
本作品は魅力も多い作品だろう。

気になったところをあげるのであれば、
本気で進めようと思うと作業感が伴う可能性があるだろう。

ミニゲーム的なものもあるが、基本的には各地を回り、
ステータスを上げていくもしくはヒロインが毒牙に掛かるように
回っていくことが中心となる。

また、できることもそこまで多くないため、
ルーチンワークみたいなものができてしまうような印象もある。
エッチシーンの回収なども何周かしなければコンプは難しい。

そういった点がRPGという媒体での魅力であり、
かつリアリティも感じさせてくれるというプラス点もある。
サクッと抜くような作品ではなく、時間をかけて少しずつ
遊んでいくような形式の作品と言えよう。

9点

知らない間に寝取られるという要素を色々と楽しむことができる
エッチシーン方向としては名作級の寝取られRPG。

日常的なシーンもところどころに描いており、
仲が良く、どことなく意識しているヒロインが
徐々に移動先が序盤とは異なり、夏の終り頃には果てぬ姿に
変化していく様子はまさに寝取られ感を強く感じられるだろう。

一方で、RPGゆえにどうしても寝取られる男と
出会わせるようにしなければいけなかったり、
ルーチンワークみたいなものができやすかったりと、
手間に感じてしまうようなことも多いだろう。

また、思い出回収エリアに謎のザコ敵が出たりと、
クリスタルを破壊していくことで知識や運動を消費していくというのは
そこだけやや現代的な世界観を逸脱していて違和感を感じるような
箇所が個人的にはあるような印象もあった。

10点にしようか迷ったが、やや癖もあるような印象もあったので、
当サイトでは最上位級作品の割り振りとしている9点とさせていただいた。

じっくりと時間をかけて知らぬ間に寝取られていくような感覚に
ハマるようであればRPGも非常に面白いと思う。
また、エロ特化としてもシーン回収をすべてしてしまえば
エロ特化でも非常に優秀な作品だろう。

作業として感じるのか、細かい点での雰囲気を意識しないというので
あれば、ぜひ購入してほしい名作級になる寝取られ作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

爆災雷鋼ライオウガー NTRレビュー

正義の為に戦う裏側で、支援機によるサポートも務める彼女が
村人たちに犯され、肉体開発されて感じまくる姿を楽しむことが
できるのが爆災雷鋼ライオウガーだ。

あ、あれは【ライオウガー】!!来てくれたのか!

物語の部隊は、【トライゾン】という組織が
強力な兵器を使い世界征服に乗り出した世界。

そんなトライゾンと戦うスーパーロボット、
ライオウガーとその支援機ヴァルーダ。

ライオウガーに乗るコウタと
支援機に乗るアスカは恋人同士でもあり、
今日もトライゾンと戦っていた。

そんな中、トライゾンのロボット部隊が沖ヶ島と呼ばれる
離島に現れた報告が入る。沖ヶ島で話を聞くと、
島自体の目的があったように感じられた。

島に滞在し、警戒態勢を敷きながら戦う中、
恋人でもあるアスカに魔の手が渡っていくのだった。

あ、あれは【ライオウガー】!!来てくれたのか!

今作はライオウガーで敵が展開する島の各エリアを選択し、
エリア奥にいるトライゾンの指揮官機を破壊していくRPG作品だ。

出撃したエリアに行くとザコ敵が徘徊しており、
ザコ敵と接触したり最奥のボス機を調べると戦いが始まる。
王道的なRPGのシステムではあるが、敵味方がロボットであり、
ミサイルやロボット的な必殺技がスキルとなっており、
SFロボットものを思い描くような雰囲気が味わえる。

ボス以外は倒してもメリットがなく、
かつ各エリア内ではメニューを開くことで
アスカからヒントが貰えることもある。

基本は避けつつボス戦を倒していくという流れだろう。

男性からの要求を拒むな、拒めば
この写真に写っている子供の安全は保証しない

そんな戦いの裏で、恋人でありライオウがーをサポートする
アスカの元に一通の手紙が届く。
その内容は男たちの要求を拒めば村の男の子に危害が及ぶというもの。

冒険前にアスカ視点に切り替えることで、
町中にハートマークが現れ、そのポイントへ向かうと
男たちが彼女の体を狙ってくる。

おっと、あの『写真』を彼氏に見せても良いのかい

すでに男性たちに手紙の内容は筒抜けになっており、
男たちが彼女の体を狙ってくるのだ。

時には彼氏の知らないところで、
ときには彼氏の真横で。
彼女を狙うのは街中の男たち。
徐々に彼女の体は開発されていくのだった。

今作は町を守るために戦う支援機の女パイロットが
彼氏の知らないところで落とされていく姿を強く楽しめる。

彼女に手を出し放題なことは町で共有されているような
形となっており、少年系の男性やDQN系、権力者よりの男など
約5人の方向性から様々なエッチを受けて変化する様子が楽しめるのだ。

■ エッチシーンの一例

  • インタビューでエッチな質問を受ける
  • 輸送機のトイレで巨根をくわえてフェラ
  • ライオウガーを支援通信しつつ胸を揉まれる
  • 寝ている間に挿入される
  • 女村長と一緒に宴会でガニ股アピール&乱交
  • 彼氏が温泉入浴した隣で温泉内で犯される

ゲーム中に日付が経過するごとにヒロインは犯されていき、
徐々に男性視点でも変化が見えるような卑猥な様子が
所々で見えるようになる。

また、メインはヒロイン視点で他の男性に犯され、
肉体開発されていく姿を楽しめる作品だが、
男性目線でヒロインがなにかされているようなシーンを見たり、
村の女性村長のようなアダルトビデオが見れたりと、
男性側視点のシーンもある。

RPG自体も難しすぎない一方でマルチエンド、
かつロボットらしい支援しながら犯されたり
インタビューを中に犯されるといったシーンもあり、
ロボット風の世界観の中での寝取られを楽しめるだろう。

9点

お手軽なRPGを楽しみつつ、ロボット世界観の
寝取られ系シチュも楽しめる尖った高レベルな作品。

短期間の寝取られによりやや肉体開発の速度は早いが、
正義感ある女性が正義の行動をしている過程でも犯されたり。
村の男達に弄ばれる姿は抜けるの一言だろう。

ロボットものの要素をうまくお手頃にまとめつつ、
実用性も高いシーンも多く、
エロさに特化した寝取られ作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

寝取られた女子マネージャーが実は淫乱だった。 NTRレビュー

彼氏持ちのサッカー部マネージャーが
コーチに犯されたことで快感を知ってしまい、
彼氏以外の男で感じる淫乱女性になる姿を楽しめるのが
「寝取られた女子マネージャーが実は淫乱だった。」だ。

お疲れ様 たっくん!

サッカー部のマネージャーである真央は
達也と付き合っており、一度セックスをした仲でもあったが、
初めてのセックスは満足があったと言えるほどの結果ではなかった。

そんな達也が怪我で復帰した直後のある日、
真央が倉庫をしていると、大切なオブジェクトを壊してしまう。

お前…いやお前らが 弛んでんじゃねーか

達也といちゃつく姿に良い気持ちを抱いていなかったコーチは
気の緩みを指摘し、達也のスタメンを考え直すような口ぶりを見せる。
そんなコーチに対し、真央はできる限りのことをすると伝える。

助けてたっくん! たっくん!!

真央に対して、コーチは胸を鷲掴みにする。
スタメンを外すことを散らせながら胸を触り始めたコーチだが
その行為はエスカレートしていく。

嫌がる真央だが、彼氏とのエッチでは感じられなかった
気持ちよさを感じさせられてしまう。
その結果、嫌がりつつも快感を受け入れてしまうのだった。

本作品は彼氏を守るために体を差し出した彼女が
犯され気味のエッチをする中で彼氏とでは感じられなかった
快楽を感じてしまい、そのまま流され最後は自らでも
求めてしまうような陵辱からの寝取られを楽しむことができる
漫画作品だ。

非エッチシーンも含め、19ページの本編でまとめられた本作は
この陵辱から感じて寝取られてしまうまでのページを大きく確保し、
彼氏の名を呼びつつも彼女が彼氏では感じられなかったことに気づき、
そのまま流され快楽を受け入れてしまう姿を短いお話で楽しめる。

エッチシーン自体は陵辱堕落とその後の2シーンだが、

  • 胸わしづかみ
  • 強制フェラ
  • 衣服破り
  • 挿入
  • バックの体制からの挿入
  • キスをしながらの挿入
  • 彼氏の前で隠れてフェラ

と、様々なエッチシーンをテンポよく描く。
やや短編作品故に感じ始めてからの抵抗がない点はあるものの、
着衣を残しつつ犯すような姿もリアリティがあり、
上の立場の人間から犯されてしまい快楽に目覚めるようなシーンを
うまくまとめ上げているような印象もある作品だろう。

7点

個人的には彼女視点の寝取られちゃう系の作品ではあると思うが、
彼氏持ちのマネージャーを寝取るような作品としても
楽しめる陵辱からの堕落を短い時間で楽しめる作品。

彼氏との中の良さを冒頭で描き、犯されつつも彼氏の名を叫ぶ、
快感を感じたところでコーチが言葉巧みに快感を受け入れるような
言葉を語りかける、堕ちた後に彼氏を絡んだシチュを入れるなど、
凌辱で他の男との性行為に目覚めてしまった彼女の姿を楽しめるだろう。

値段も手頃で全体としてはクオリティが高く、
テンポよく楽しめる作品として魅力的な作品だろう。

やや評価に迷ったが、所見で本編を眺めていると
初々しくも感じる彼女彼氏の関係や性行為に対する意識も
見られる一方で、いざ始まってしまうと初々しさが出ず、
やや流れに傾いてしまっているような点もあった印象もある。

物語の冒頭が良くできているからかもしれないが、
やや違和感もあった点もあるため、
当サイトでは7点という評価とさせていただいた。

作品全体の流れとして陵辱されたヒロインが
好きな彼氏以外の男に体を許す関係になるという
展開にピンとくるのであれば楽しめる作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

寝取られた女子マネージャーが実は淫乱だった。

僕を助けてくれた姉がこの度、DQN達に滅茶苦茶にされました。 NTRレビュー

表向きは自分を守っていた、好意を持つ姉が
自分をいじめる男たちによって犯されており、
その現実に姉は知らないものの自分は知っているという
姿を体験できるのが
「僕を助けてくれた姉がこの度、DQN達に滅茶苦茶にされました。」だ。

本作品がDQNたちにいじめられたときは
常に強気で言い返してくれていた血の繋がらない姉が、
実はDQNたちに犯されており、その事実を主人公自身は
知っており、その姿に興奮を覚えてしまうという
物語を楽しむことができる同人誌だ。

白黒形式の作品となっており、画像枚数は
サムネイルや非エッチシーンなども含めると画像46枚。
挿入やアナル、ぶっかけなどシチュエーションは多数搭載している。

「僕は何もできず
 その声を オカズにマスをかくだけだった」

今作品は「僕を守る」というヒロインの特性があるものの、
実は弱いヒロインで、完全に敗北しているところを
見ていくことになる、陵辱作品よりの印象がある。

テンポを重視しているような印象があり、
守るようなシーンはかなり少ない枚数で描いている。
「弟の前では強気」を見せるような場面もあるが、
序盤からヒロイン自身は完全にDQNたちに負けてしまうため、
抵抗などを見せる場面は少ない。

それゆえ、「強い女性」が「完全に陵辱に負ける」というような
シチュエーションが楽しめるだろう。

「犯され続けてる 姉の声を聞きながら
 僕は激しく勃起していた」

また、今作は非常にテンポよく進んでいくのが特徴的だ。
主人公の語り口に合わせてシーンが進んでいくのだが、
DQNや姉の行動を記述した直後にその関連シチュエーションが
描かれ、1つのシーン非エッチシーン数枚と、
エッチシーン1~2枚ほどで描いていく。

一つ一つのシーンは短く、想像を深めていけはしないものの、
テンポの良さ故に回想シーンを見ている我のごとく進んでいき、
物語全体として、好きな人が陵辱されていることに対し
何も行動できず、さらに勃起してしまう情けない姿を
投影していくことができるような印象だ。

7点

個人的には強い女性というよりかは、
好きな姉がDQNに陵辱され、ゴミのように扱われてしまう
姿を情けなく見ていくシチュを強く楽しめる作品に思う。

一つ一つのシーンを深く楽しむというよりかは、
全体を通して「好きな人が陵辱で犯されていく」事に対し
弱いままで、そのまま興奮までしてしまう情けなさ。

そんな寝取られ雰囲気を強く楽しめる作品だろう。
流し見のような感覚で陵辱寝取られを楽しめる作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA
yuni-022

人妻コレクションvol.02舟木まいか NTRレビュー

夫と来た旅行先で、職場の上司に体を許してしまう
人妻の姿を楽しむことができるのが
「人妻コレクションvol.02舟木まいか」だ。

ポッポコーン工場さんによって描かれた本作品は
挿絵のようなイラストと会話を基軸とした文字を読んでいく
ような、ややノベルよりのHCG作品だ。

本編は非エッチシーンも含め9Pとなっており、
本編の他に漫画調になって各ページの主要なセリフをはめ込んだ
パターンと、目隠しバージョンのイラストが収録されている。

物語としては、夫との旅行中に夫の知らない
職場の課長が声をかけてきて、
寄って夫が寝ている中、職場での苦手な人の
人員配置を打診されて体を許すような内容だ。

エッチシーンとしては以下の通り。

  • 課長とのキス&胸モミ&セックス
  • バックよりな体制でのお風呂セックス

シーンとしては上記シーンがあるが、
イラストとしてはバストアップぐらいの上半身、
お風呂でのエッチシーンとなっており、
キスや胸モミ・セックスのシーンでは
同じイラストをベースにはだけている、
泡が体にまとわりついている様子など、
差分を活用した表示となっている。

傾向としては、体を許し、少し恥じらいながらも
要求に答えていく。
「…せめてゴムしてください……」と生ハメこそは
許させないが、行為が始まると喘ぎ声を続けていく
ヒロインの様子は、まさに人妻ならではという感じだろう。

6点

作品としては低価格ながらも会話を中心に
しっかりと構成されている印象だと思うが、
NTR観点からすると、夫がいることを最初に意識させつつも
抵抗や背徳感を強く出すような会話は少なめなため、
やや不倫作品よりな印象もあるだろう。

とはいえ、彼女に手を出す男側の人間は
人妻の体を熟知しているかのごとく、
エロジジイ感を強く出し、人妻がそのテクに
翻弄されているとも思えるような印象もある。

値段も手頃ゆえ、読み切りの一夜を強く描いた作品としては
十分ありありな作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

人妻コレクションvol.02舟木まいか

ポルノガイスト NTRレビュー

義理の母と事故物件の見学に来たところ、
憑依してしまった義理の母から性行為を迫られてしまう
読み切りストーリーを楽しむことが出来るのが
「ポルノガイスト」だ。

本作品はプリ坊(みやっちょ)氏による読み切りの
電子コミック作品。雑誌に収録されている作品でもあるが、
今回は読み切りの談話として評価をしていく。

白黒のコミック作品となっており、
ページ数は非エッチシーンも含め20P構成。

かつて義母が父親との性行為をしている現場を
覗き見してしまっていた主人公は、義母に対して
反抗期のような態度を取っていた。

そんな主人公は進学先の住居を探すため、
義母と事故物件であるアパートに訪れていたのだが、
このアパートは三角関係のもつれにより
自殺行為をしてしまった事故物件。

反抗的な口調を義母に投げつけたところ、
義母の様子が急変。
「私を……捨てたら……」
「後悔するわ……」
と取り憑かれたように突然迫り始める。

その行為は、息子である主人公のあそこへと伸び、
突然フェラを始められてしまうのだった。

今作は父と結婚していると思われる義母が
憑依によって迫ってきてしまい、
反抗期的な立場故に息子も乱暴な口調を出しつつ、
最後には溜まっていた気持ちを義母にも伝わるような
いいお話にまとめている怪奇系の親近相姦系作品だ。

シーン数は以下の通り。

  • 憑依した母のフェラ
  • 義母が動く生セックス
  • ガキじゃないと積極的に主人公が動くバックからの突き

さて、本作品は義母との性行為を描いているがゆえに
NTR系の分類をしていると思われるが、
全体としてのNTR要素はかなり薄いものとなっている印象だ。

義母が憑依した相手は三角関係で捨てられた側の
女性と思われ、迫りくる様子はまさにホラー感もあり、
反抗期で母親対して乱暴な態度をとっているのに
半勃起してそのまま感じてしまう、
そんなにやってくるならやり返してやる!みたいな
反抗期故の態度を汲み取っているエッチは魅力的だ。

しかし、最終的には良いエンディングで収まっていることや
性行為中に義母側は父親を思うようなこともなく、
主人公も義母への強い想いはあるものの奪い取りたいといった
様子もない印象にも感じる。

寝取られというわけでもないし、
奪うよりかは気持ちを伝えると色合いが強い
義母との最終的な展開になっているがゆえに
寝取るというような印象も余り感じないだろう。

ツンデレにも近いような思春期ゆえの反抗心を見せる
男主人公が憑依によって迫られた義母と性行為をしてしまい
その結果よりいい家族関係になるというような
展開を楽しめるような作品という印象だろう。

4点

作品としてエッチシーンも丁寧に描かれ、
迫真の感じられるような義母との憑依エッチにより
家族の関係が良くなるという、
エッチながらも最後は心温かいような展開の
読み切りとしては十分楽しめるだろう。

一方で義母と性行為をするという要素以外は
あまりNTR的な要素はないため、
NTR作品としての評価としては4点レベルと判断した。

寝取り・寝取られ作品として期待するのではなく、
義母との怪奇的な現象を通じた性行為を
楽しめるような物語を遊びたい時に
注目の作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

夫のそばで後輩君に… NTRレビュー

寝ている夫の後輩に布団をかけようとしたら
勃起している男根を見つけてしまい、
寝相で体を誘導してきた後輩にそのまま
体を預けてしまう人妻を描いたのが
「夫のそばで後輩君に…」だ。

夫のそばで後輩君に…

本作品はめいか氏による読み切りの電子コミック作品だ。
全18ページの構成となっており、全ページ白黒仕様。

酔っ払った夫とともに家にやってきた後輩・坂本。
家でも飲んだらしく、妻が見に来ると
酔いからか寝ている二人を発見する。

「まったくもう」

妻は寝ている坂本に対し、好意で布団をかけようとするが、
その時に坂本が下半身を出してしまっているところを
目撃してしまう。

夫のあそことの違いに驚きつつも、
しまっといてあげようと下着に手をかけるが、
寝ている坂本の寝相で男根を直接触らされてしまう。

「寝てても気持ちいいのかな?」

困惑しつつも漏れ始めてしまう妻。
最初は手コキだけだったが、寝ボケて覆いかぶされ
そのまま本番行為まで及んでしまうのだった。

夫のそばで後輩君に…

今作品の大きな特徴は
「寝ている後輩が寝ぼけている」という前提で
人妻が行為に及んでしまうというところにあるだろう。

ヒロインはいつも夫と付き合ってくれる
後輩に悪い気がしておらず、行動に対しても
寝ぼけているからという理由と体のスイッチが
入ってしまったがゆえにそのまま流されてしまう。

この辺はやや不倫系の流れに近い気もするが、
冒頭から後輩に対する感謝の気持や
母性を感じているようなシーンも見えるため、
懐の大きい優しいお母さん系女性が
そのまま流された結果、夫以外の男と
優しいからこそ流されてしまうという感じもするだろう。

一方で寝取りという視点で見ると、
直接的な描写は「夫への悪い気持ち」に特化している。
全体的には寝取り系の作品だとは思うのだが、
悪意のようなものなどはかなり抑えるような構成に
なっている点も面白いだろう。

7点

寝ている後輩に優しい母性あふれる中年女性が
体を許してしまう背徳的な要素が楽しめる作品。

全体的に柔らかく描かれているため、
ドカンとした寝取り要素はない印象もあるが、
「寝ている」という体制と「仲がいい先輩の妻」という
関係性をうまく活用した、人妻とのエッチをしてやろうという
寝取り感が味わえる作品だろう。

現実世界でもこのくらいならありそうだと思えるような
柔らかく描いている点が魅力の作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite
夫のそばで後輩君に…

■ FANZA
夫のそばで後輩君に…

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

奉辱道場〜献淫武道妻紗玖耶〜 NTRレビュー

夫から道場を託された人妻が
弟子たちの「やめる」という言葉をきかっけに
強制的な奉仕や乱交の餌食になってしまう姿を
楽しむことができるのが「奉辱道場〜献淫武道妻紗玖耶〜」だ。

奉辱道場 ~献淫武道妻紗玖耶~【単話】

本作品は全20ページの読み切り電子コミックだ。
『人妻アンソロジーコミックスVol.2』と『乳辱の戦姫』にも
掲載された作品だが、単話での紹介とする。

奉辱道場 ~献淫武道妻紗玖耶~【単話】

物語は師範である夫が武術を伝える出張で道場をあけ、
師範代である妻が門下生に基礎身体トレーニングをする
シーンから始まっていく。

基礎トレーニングに嫌気がさした門下生たちは
「道場をやめる」と言い出す。
留守を守る手前、門下生たちをやめさせたくない妻は
門下生の要求に答え、マッサージを行う。

しかし、道場の厳しい経営状況も知る門下生は
マッサージをいいことに胸を触り、さらには性器への
奉仕をも要求する。

困惑しつつも門下生たちに犯されていくのだった。

奉辱道場 ~献淫武道妻紗玖耶~【単話】

本作は弱みを握られ、夫以外の男に犯される
師範代の妻というシチュエーションが楽しめる作品だろう。

犯されるような行為に抵抗したいが
妻は道場をなんとか守らなければいけないという
信念もあり、同時に快楽をも感じてしまう。

犯されながらの葛藤や
「神聖な道場で……」という武術に対する想いを見せる
場面もあり、強い意志を見せてくれる点は魅力的な
ヒロインであろう。

同時に巨大な胸の持ち主であり、
その旨をインパクトある構図に見せてくれていたり
アヘるような表情を見せてくれたりと。

葛藤しながら犯され、最後には快楽を受け入れてしまう
人妻ヒロインがとにかく魅力的だ。
寄ってたかって門下生たちが襲いかかるというシナリオは
定番的ではあるが、定番ゆえの安心さもある作品だろう。

なお、NTR要素としては夫以外の男に
種付けされてしまうという心の葛藤が中心だ。
初めて犯されたときのシーンだけが描かれており、
かつその際に一気に落としていく内容となっているので
焦らすようなプレイは少ないだろう。

じわりじわりと落とすというよりかは
心の抵抗も見せつつ、短時間で堕ちてしまう姿を
楽しめる作品だ。

8点

道場で師範代の女性が門下生に弱みをつけこまれ
夫以外の男に種付されてしまうというシチュエーションに
ピンとくるのであれば買いの作品。

王道的なシナリオで定感もあり、
心の葛藤や武術に対する妻の思いなども丁寧、
門下生たちのゲスっぷりによる乱交。

門下生によってたかって道場を理由に
エッチなことをされてしまうという内容からの
想像通りのプレイが楽しめる作品だろう。

奇抜なシチュエーションよりかは、
王道的で安定感のある作品が好きな人におすすめだ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLsite
奉辱道場 ~献淫武道妻紗玖耶~【単話】

■ FANZA
奉辱道場〜献淫武道妻紗玖耶〜【単話】

奉辱道場〜献淫武道妻紗玖耶〜が好き人へ次におすすめするNTR作品

ネトラセラレ (1) NTRレビュー

寝取られる妻にしか興奮できない。

子どもが欲しく、セックスするものの
うまく行かなかった夫から、他の男に抱かれてほしい
と願われた妻、その夫の欲望を受け入れ、
他の男と寝取られていく日常を描いた
シリーズの第一巻が「ネトラセラレ (1)」だ。

ネトラセラレ(1)

本作品は色白好さんによるネトラセラレシリーズの
単行本第一巻。雑誌に連載されていた第1話~第9話までが
掲載されている。続刊へと続く単行本作品で、
作者のあとがきマンガなども含めて全196ページの構成。
冒頭数ページがカラーで、白黒メインの作品だ。

ネトラセラレ(1)

幼い頃から家族ぐるみで仲が良かった春花と
養子として結婚した伊澄秀次郎。
会社に勤めつつ、子どもがほしい妻から求められる日々が
続いていたが、セックスが続かない。

苦しい表情を見せる夫を心配する一方でエッチが
うまくいかない中、口論になった二人。
そんな時、夫から頼まれたその言葉は

「他の男と寝てほしい」だった。

ネトラセラレ(1)

夫は妻を愛して入るが、妻が他の男としているのを
想像しないと勃たないという性癖の持ち主だったのだ。
困惑し、最初は否定する妻だったが、夫のために受け入れる。

初めて他の男に抱かれた直後、興奮した夫と初めての
本格的な性行為。その結果、他の男に抱かれるという
行為が日常化していくのだった。

ネトラセラレ(1)

今作では全9話の話が収録されているが、
第1話~第3話までを夫婦関係のもつれや夫の性癖を
受け入れるまでのシナリオ。

そして第4話~第6話で初めての寝取らせエロ、
その結果の生活の変化や心情の変化。
第7話~第9話で寝取らせエロの日常化や
それに伴う弊害が描かれている。

そのため、各パートページをかけて描かれているので、
夫婦の表情や間が丁寧に描かれ、絶望的な表情から
心理的な困惑、決心や興奮といった姿が丁寧に描かれている。

今作は2018年にドラマ化もされているが、
まさにドラマを見ているかのように感じさせてくれる。

肝心のエロシーンは、主に目の前で妻がエッチしている
姿を見ないと興奮しない夫による寝取らせエロ感が
強い作品だ。

第一巻では複数の男に抱かれる妻が描かれており、
最初のエッチ以外はその場に夫も居合わせるという、
まさに寝取らせエロの極みと見えるだろう。

寝取らせという普通では考えられないようなことに
苦悩する妻の心情なども描かれており、
「リアルな寝取らせ夫婦」という衝撃を感じさせてくれる
第一巻だろう。

9点

第一巻だけの評価としては、
まさにリアルな寝取らせ夫婦を描いている
ドラマチックな作品だ。

それぞれの葛藤や心情が細かい表情まで描かれており、
直接的なエロだけではなく、NTRとしての心情を含めて
強く感じさせてくれる作品だ。

単行本化された作品出るがゆえに、
ページ数もおよそ150ページ超え、
あとがきとしての作者マンガは本編とは無関係だが、
エロコミカルな感じにもまとまっており、
思わずくすっと笑ってしまう内容にもなっている。

リアルなNTRを感じられるドラマティックな
雰囲気がすきな人におすすめしたい作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite
ネトラセラレ(1)

■ FANZA
ネトラセラレ (1)

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

直感ねとられホットライン+ NTRレビュー

いつも厳しい態度を撮る上司のOLが
会社でテレフォンセックスしていた!?

夫と電話しながらオナニーしていたOLを
電話オナニーと見せかけて寝取りセックスを
する姿を描いたのが「直感ねとられホットライン+」だ。

直感ねとられホットライン+

全26ページ、厳しい感じの女課長・百合子と
その部下である本田。
その会社は定時退社が基本であったが、
ある日忘れ物をしてしまった本田は会社へと戻る。

残業禁止なのに誰か残っていると思った本田が
覗くとそこには豊満な胸を露出し、電話しながら自慰行為に
及ぶ課長の姿だった。

テレフォンセックスを目撃した本田は
電話しながら自慰にふける女上司に近づき、
夫と電話が繋がっているのに自慰行為と見せかけ
寝取りセックスを敢行するのであった。

直感ねとられホットライン+

本作品の魅力は、仕事ではきついような女上司と
夜のオフィスで夫に内緒で性行為をしながら
夫と電話するというNTRシチュを楽しめる点にある。

女上司は単身赴任中の夫と電話しながら自慰するのが
日常になっているようで、その日も興奮の材料として
オフィスでしていたのが部下にバレてしまう。

そんな部下も電話しながらの自慰行為しているのをいいことに、
静かに近づくというリアリティのある進行。
そして女上司も強気の性格が見れる反撃しようとする姿や
自慰行為でスイッチが入っているからこそ夫以外を
受け入れてしまう。

短編読み切りという作品ではあるものの
「テレフォンセックスばれからのNTRセックス」
という展開を強く楽しめる作品だろう。

女部長の巨乳っぷりや、少し熟した体つきも
丁寧に描かれ、商業しながらもインパクトある
絵柄やプレイシーンは高品質な印象だろう。

8点

テレフォンセックスバレからの不倫よりな
寝取りセックスが楽しめる読み切り作品。

商業しながらインパクトある構図の数々や
テレフォンセックスというシチュエーションを生かした
NTRシチュエーションはこの作品ならではであり、
良いポイントだけを凝縮しているという印象がある。

即堕ち感が強く、抵抗などする印象はないが、
テレフォンセックスが一般的な上司たちということを
考えれば、気持ちの高ぶりからこの展開は有り得そうと
思い、堕ちるまでの短さはあまり気にならないような
ストーリー構成なのも好感がある。

きつい感じの女上司と夜は乱れ合う姿や
電話する相手には秘密でセックスしているという
プレイにピンとくればおすすめしたい作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLsite
直感ねとられホットライン+

■ FANZA

直感ねとられホットライン+が好き人へ次におすすめするNTR作品