【破滅への誘い】妻と別れさせ屋の策略 NTRレビュー

不倫の関係を持つ妻の策略で、
聞き手である旦那と分かれるために不貞行為を
行ってしまい、離婚の原因になりそうな否を
作らされてしまう物語を楽しめるのが
「【破滅への誘い】妻と別れさせ屋の策略」だ。

本作品は離婚を望む妻によって、
離婚の理由になりえる行為を第三者の誘惑によって
作らされてしまうような体験
ができる。

奥手だと思っていた妻は既に不倫関係と
性的な行為をするまでに至っていた。
そんな中、離婚したいけど別れる理由がない妻は、
あることを思いつく。

それが別れさせ屋による不貞行為を作り上げること。

ある日、妻からの誘いで本番行為をする直前にまで
至ったのだが、突然妻は用事を思い出し前戯で終わってしまう。

物足りなさが残る中、妻と入れ替えるようにやってきたのは
妻の後輩を名乗る二人の女性。
妻の帰宅まで家に上がり込むことに決めた二人は、
夫であるアナタに妻との夜の関係まで聞いてきます。

そして卑猥な話をしていくうちに、
彼女たちは徐々に妻がいないことをいいことに、
性的な行為による不貞の誘いをしてくるのだった。

全部で6つのトラックは3つの傾向に分かれている。

トラック1では2分半ほどで妻が他の男性との性的行為をしながら
妻が夫以外の男性と関係を持ち、離婚して不倫相手と結ばれたいことがわかる。

トラック2~トラック3では自宅での妻からの誘い。
この誘いでは妻が積極的に性行為をするための前戯としての
耳舐め手コキを行う。

そしてトラック4~6では本番を寸止めされたアナタが
二人の女性によって不貞行為
をしてしまう。
ここでは耳舐めや手コキ、最終的には自慰行為で果てさせてくる。

特に今作はまさに悪女達によって自分に否を作らされて
しまうような展開を楽しめるような作品だ。
男との関係を持つ妻は他の男の前では性をさらけ出し、
離婚願望を持つ姿はまさに関係が終わっているように見える。

しかし、別れさせ屋によって不定の理由を作るための
誘いでは、まさに夫を愛する女性だ。

そして最後に登場する別れさせ屋二人は、
一人は真面目系に見えてガッツリS面も持つような女性、
一人は軽いノリの女性。

最初は雑談ベースで夜の会話などをするが、
次第に妻への寸止めをオナニー扱いにし、
メスとしての願望などを理由に徐々に迫ってくる。

最後の最後には妻の帰宅に合わせて射精をし、
まさにリアルであれば絶望的な行動を
体感できるようなお話
だろう。

エッチシーンは、主に耳攻め系が多い印象だ。
妻・別れさせ屋ともに耳への責めや囁きのような
テクニックを活用させ興奮を高めていく。

性器の様子などもうまく活用しながら
ムラムラするような言葉も巧みで
まさに悪女たちに翻弄されてしてやられるような
感覚を楽しめる作品
だ。

なお、プレイは焦らし目的の耳責めや手コキ、
射精目的のカウントダウンオナニーになる。
本番行為などはないため、注意が必要だ。

8点

リアリティのありそうな展開を楽しめる
悪女たちの離婚罠が味わえるエロ同人。

トラック2から聞けば、ただのお遊び的な火遊びに
聞こえる可能性も高いほど、ちょっとエッチな女性たちの
物語にも聞こえるほど。まさに「別れさせ屋」にふさわしい、
悪女たちのプロを感じられる作品だろう。

ガチリアリティに見ると、積極的に際どい質問も多い
別れさせ屋への警戒がない要素は少し違和感もあるが、
それゆえに展開もわかりやすく、テンポよく楽しませてくれる。
特に耳責めの時間を多く設けているため、
耳責めが好きな方はもちろんのこと、卑猥な言葉とともに
徐々に体が熱くなるような感覚は味わえるだろう。

悪意ない行為の数々が
実は悪意の塊だったような展開が楽しめる、
貴重な音声作品だろう。

【破滅への誘い】妻と別れさせ屋の策略をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

寝取られ旅館【ハイレゾ192kHz/24bit】 NTRレビュー

彼女と天体観測した帰り道に立ち寄った宿で
旅館の女将の不思議な魅惑によって自我が崩壊し、
彼女との関係が壊滅する逆寝取られ要素を楽しめるのが
「寝取られ旅館」だ。

本作品は彼女持ちの聞き手が天体観測で山中を訪れた際、
トラブルにより立ち寄った宿で一泊したところ、
その宿の女将によって自我が崩壊し、彼女が悲しむ中
獣のように淫らなこういうに及んでしまう、
都市伝説的なイメージを体感できるような逆寝取られ作品だ。

彼女であるヒロインが寝取られるのではなく、
結果的に彼女がいるのに他の女の快楽を貪るようになり、
彼女が悲しむ中、女将を獣のように抱いてしまう姿を楽しめる。

「うそ、故障……」

物語は、彼女とともに天体観測をするシーンから始まる。
お互いが好きな天体観測をするシーンを冒頭で描き、
仲慎ましい様子が見れる。

そんなシーンのあとに起こる、機材トラブル。
帰宅が危険だと判断した彼女の目に止まったのは、
行きには気が付かなかった一つの家。
まるで都市伝説にあるような出だしである。

「これで本当に一安心」

宿であることを聞き、空室もあることを知ったヒロイン。
効果音とともに安堵を浮かべる演技も丁寧で、
明るい彼女とも思えるような姿を楽しめる。

しかし、浴槽と夕食後。
不思議な美貌を持つ女将による崩壊劇が始まるのだ。

「今度流れ星見に来るでしょ、またここに泊まろうよ」

本作品の魅力はまさに性のタガが外れ、
幸せなカップル、とくに明るいヒロインの絶望を感じられる
逆寝取られと卑猥な魅力を楽しめる作品だろう。

全4つから構成される音声では、トラック1で関係をコンパクトに描き、
トラック2~3では彼女の明るさを描いており、まさに幸せ絶頂な
彼女との楽しい旅行気分が感じられるだろう。

しかし、トラック2~3では彼女のいるそばで
女将が誘惑的な行為を積極的に行い、
性のタガを外し、淫らに染めていくような雰囲気を味わえる。

そしてトラック4では、繰り返しによる女将との性行為で
体調が悪そうな主人公を心配する彼女の前で、
昨日のことは何もなかったような女将が現れ、その姿に発情した
聞き手のあなたは女将が拒絶する中、性のままに犯してしまう。

前日までとは異なる女将、そして絶望する彼女、
まさにハメられてカップルを崩壊させる妖怪のような
出来事を体験できる音声作品だ。

8点

男をたぶらかし、男の性的な制御を狂わせ、
カップルを崩壊させる宿がいるならば……
というような、エッチな都市伝説を楽しめるような
逆寝取られ作品。

誘惑的なシーンが中盤まで楽しめる一方、
終盤は女将があえて犯され、かつヒロインが絶望に落ちて
自己嫌悪するような様子もレベルの高い演技で表現しており、
寝取られ都市伝説のドラマCDのような楽しみが味わえる作品だ。

臨場感を感じさせる環境音も丁寧に入れてある点も
雰囲気を強く感じさせてくれるだろう。

深夜ラジオドラマのような雰囲気で、
都市伝説的な寝取られ要素のある音声というのに
興味を持つようであれば、ぜひ聞いてほしい作品だ。

変わった逆寝取られ及びカップル崩壊作品として
おすすめしたい音声作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

寝取られ旅館【ハイレゾ192kHz/24bit】

寝取らせコーディネーター前編 NTRレビュー

妻が他の男性に寝取られる姿を見てみたい。
まだやってない、生本番も要望でお願いできちゃう、
まさにプロの寝取られコーディネート。

寝取らせに特化したコーディネート会社に
妻の寝取らせを発注し、実際にコーディネーターさんの
口から寝取られている様子を聞くことができるのが
「寝取らせコーディネーター前編」だ。

「寝取らせコーディネーター前編 NTRレビュー」の続きを読む…

バイノーラルNTR報告囁き~慕ってくれていた後輩が不良に染められて~ NTRレビュー

自分のことを慕い、付き合っていた彼女が
自分を虐めていた男に犯されて性に目覚めてしまい、
寝取られ報告と見下されるような言葉を
語られてしまう姿を楽しめるのが
「バイノーラルNTR報告囁き~慕ってくれていた後輩が不良に染められて~」だ。

同人音声による寝取られ報告系作品を多数公開している
暗黒あずまやさんによる2019年8月公開の作品だ。
声優は兎月りりむ。さんとなっている。

寝取られ済みの彼女によって寝取られ報告されながら
無残に射精していくような傾向の寝取られが楽しめる点が
特徴的だろう。

物語は4つのトラックから構成されており、
まずひとつ目のパートでは後輩とのラブラブな関係が
描かれている。

屋上で出会い、お互いコミュ障気味なことをきっかけに
付き合って初々しい関係であることが描かれている。
後ろから抱きつくような描写を入れつつ、囁くように
関係を語ってくれる彼女は、まさに内気な後輩ヒロインだ。

一方で、2つ目のトラックが開始されると
その関係は大きく舵をきっている。
彼女は自分を虐める男に犯されているだけではなく、
男からの陵辱で既に自分以外の手に落ちているのだ。

そんな彼女は、自らが快楽を得るために、
自分が犯された姿ときの状況や気持ちよさを語る。
トラック1で見せていた内気な姿はもうなく、
悪気なく自分の欲望のために寝取られ報告をする姿は
ギャップの違いが感じられるだろう。

トラック3・4つ目でも同様に
他の男のものになっている姿で寝取られ報告をする。
寝取られ報告の中でも、自分の気持ちよかったことを
強く描いているような印象があり、ビッチよりな印象だろう。
終盤にはシコシコと語りかけたり、彼女がイったときの様子を
語りながら射精に追い込んでくる。

全体を通してみると、寝取られの過程を描くのではなく、
内気で性的な様子など無かった彼女が陵辱よりの寝取られで
ビッチになってしまったギャップを楽しめる作品だろう。

7点

個人的には寝取られたことによりビッチのように
なってしまった彼女から、他の男との淫らな様子を
恥じらいもなく語られてしまうという、
寝取られ前後のギャップを強く感じさせてくれる印象の
寝取られ要素が魅力的な作品だ。

やや各パートの終盤が類似している印象もあるが、
寝取られている過程を大きく省くことで
40分程のなかに彼女の寝取られによる前後のギャップを
短い時間で楽しませてくれるような作品になっているだろう。

ビッチになった彼女に卑猥なことを語られてしまい
彼女自身も最低な感じなんだけど、そんな話を聞きながら
勃起や感じてしまう自分を味わいたい人におすすめだろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA
バイノーラルNTR報告囁き〜慕ってくれていた後輩が不良に染められて〜

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

対矛忍アキカゼ NTRレビュー

自分にとっては大好きなご主人様ともいえる
S系の女の子は自分以外にはドM。
マゾ向けに寝取られ要素を取り入れているような作品が
「対矛忍アキカゼ」だ。

対矛忍アキカゼ

ボトムズさんによる対矛忍シリーズ第二弾として登場した本作品。
ヒロインであるアキカゼは劣等遺伝子をアナタの精液を回収すること。
通常は体を使って搾り取る忍びが多いそうだが、アキカゼは違う。

アキカゼに罵られたりすることが大好きであるアナタだからこそ、
彼女は自分にとってはドSでご主人様のようにも立ち振る舞う彼女が、
あえて他の男達には股を簡単に開く女であることを語り尽くすことで、
「大好きな女性」を「寝取られる」ような「ドM」的なマゾ基質で
オナニーさせるというプレイを行っていくのだ。

本作品はそれゆえに、ヒロインの2つの雰囲気が特徴的だ。
聞き手であるアナタに対しては、甘い言葉を時折混ぜつつも、
強い口調で言葉責めを交えながら語ることも多い。

一方で、寝取られるような要素のポイントに入ると、
アナタに対しての強い口調とは異なり、アヘ顔を晒しているような
貞操概念の低い、痴態をご大好きなドM女性に大きく変化する。

大好きなドSな性格であるはずの女性が、
ドMのように雰囲気を変化させて痴態を見せまくるような
様子はなかなかおもしろい変化のある寝取られ感だろう。

なお、本作品は某退魔系忍者をイメージしているが、
原作との関係性はない。また、チュパチャプ音がなく、
射精を示唆するような事前指示などは少ない印象だ。

ヒロインが大好きという前提条件がややナレーション気味に
導入されている印象故、ある程度女王さまキャラを自分の中で
イメージしながら楽しむといい作品ではないかと思う。

7点

自分にとってはS的な女性が、自分以外では痴態を振るうという
設定が特徴的で個性的な印象も強く抱く寝取られ作品。

聞き手とヒロインとの関係性がSとMという設定故に
あまり背景がなくても寝取られるような関係性を強く出ている点は
とても個性的で、実際のエッチシーンではドMというアナタの設定を
活用して理由もなくガッツリM女的な立ち位置へとすんなり変化する
ヒロインに特化して無駄を省いているような要素も個性的だ。

一方で、ヒロインとの主従関係を序盤で築いた後は
ところどころに言葉責めはあるものの、アヘ顔系のドM女プレイが多いので、
序盤で入りきれないと世界観には入りづらい印象もある。

また、どちらかというと会話や隠語主体で進めており、
効果音もないので、会話主体の小説系のような印象もあり、
今どのぐらいまで感度を上げれば良いのか、
どういう行動をすれば良いのかわからないような構成にもなっており、
どちらかというとオナサポ系というよりかは、
ドラマ的な作品として第三者視点で聴くような作品のようにも思える。

個性が強く、作品の構成にも個性が出ている印象もあるサークルさんの
作品故に、賛否も分かれるような印象のある作品だ。

当サイトとしては演技の変化も面白く、個性的な寝取られ劇である一方、
ややオナニー命令が出る一方で今は何をするべきなのか分かりづらく、
射精命令などの伏線や動作誘導がややわかりにくい印象もあった。

個人的にはアヘ顔のようなSプレイも行けるMプレイ好きで、
やや弄ぶ悪女的な要素が好きな人向けの作品である印象だ。

この作品をダウンロードできるサイト


対矛忍アキカゼ

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~ NTRレビュー

彼女持ちであるアナタが、
隣人の人妻に性的興奮するような行為をして、
背徳感を刺激されるような快感を味わうことができる音声作品が
「【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~」だ。

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~

「【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~ NTRレビュー」の続きを読む…