エロ同人作家の僕の彼女は浮気なんてしない。 NTRレビュー

エロ同人誌を描く彼女が、有名な同人作家に呼び出され、
弱みをネタに犯されながらも身体が反応してしまい、
彼氏以外に寝取られてしまう姿を描いたのが
「エロ同人作家の僕の彼女は浮気なんてしない。」だ。

過去に一夜をともにしてしまったことを無いことにするため、
もう一度犯されるも身体が反応してしまう。
彼氏とは違う凶暴なセックスに本性が許してしまうような
背徳感のある性行為と導入部分が丁寧な寝取られを感じられる
エロ同人誌作品だ。

「エロ同人作家の僕の彼女は浮気なんてしない。 NTRレビュー」の続きを読む…

せんせいあのね… ~寝取られ少女と放課後の体育倉庫~ NTRレビュー

担任と秘密裏に付き合っているロリっ娘が
体育教師に脅迫されながら犯されていくことになる
寝取られ要素のある陵辱を楽しめるのが
「せんせいあのね… ~寝取られ少女と放課後の体育倉庫~」だ。

教師と生徒、かなり未熟なロリ系のヒロインと
付き合う主人公の背徳感があるからこその陵辱より寝取られ系が
組み込まれているエロPCゲームだ。

「せんせいあのね… ~寝取られ少女と放課後の体育倉庫~ NTRレビュー」の続きを読む…

女性専用シェアハウスがデカマラ黒人男性だらけに~女は私、一人だけ~ NTRレビュー

シェアハウスに乗り込んだ外人の男たちによって
彼氏持ちの女の子が犯されてしまい、
最終的に寝取られてしまう姿が楽しめるHCG作品が
「女性専用シェアハウスが
 デカマラ黒人男性だらけに~女は私、一人だけ~」だ。

「女性専用シェアハウスがデカマラ黒人男性だらけに~女は私、一人だけ~ NTRレビュー」の続きを読む…

夏色のコワレモノ NTRレビュー

引っ越し直前の最後の夏。
お互いが意識しているような幼馴染の女の子が
知らないところで様々な方向性の寝取られていくような
姿を楽しむことができる探索系ADVが
「夏色のコワレモノ」だ。

本作品は過去に寝取られ系作品も公開されている
しなちくかすてぃーらさんが2020年6月に公開された
RPGジャンルの作品だ。

RPGジャンルではあるものの、雑魚戦闘などがあるわけではなく、
様々なポイントを調べていくことをメインとした探索よりの
アドベンチャーRPG形式
と言えよう。

プレイヤーは夏休み終了後に引っ越しが決まっており、
最後の夏休みはヒロインの家で過ごすことになっていた。
目的はヒロインとの思い出を回収し、夏休み最後に告白すること。

ヒロインとの思い出を回収するためには、
運動や知識を消費しなければいけないクリスタルが配置された
エリアを突破しなければいけない。

場所移動やイベントを発動していくと時間が経過していくため、
プレイヤーは各地に現れる虫、アルバイトなどでお金や能力をあげつつ、
無料もしくはお金を支払って大幅にステータスをあげられる施設で
能力をあげていき、ヒロインとの思い出を手に入れていくことになる。

しかし、ヒロインの周りにはゲスなことを考える人物も多い。
行動していると、ヒロインに迫る魔の手が増えてしまうかもしれない。

例えば、アルバイト先の同僚がヒロインと出会う機会を与えてしまうかもしれない。
例えば、予備校のパンフレットを手にしたらヒロインが市街地へ行くきっかけに
なってしまうかもしれない……。

気がつけば、ヒロインに様々な魔の手が迫っており、
自分を意識していたヒロインも他の男への愛情が芽生えてしまったり、
性的な快楽で陥落してしまったりするかもしれないのだ。

さて、そんな本作品は寝取られ系の作品だが、
複数の方向性の寝取られを楽しめると同時に、
「知らないところで寝取られてる」というのが魅力だろう。

快感的に犯されて体を許していくケースもあれば、
積極的なアピール故に他の男に結果寝取られるケースもある。
メニュー画面では上記サンプル画像のような他の男への
関係が目に見えてわかるようになっているため、
まさに蝕まれている感じがわかる。

また、プレイヤー視点で基本進むため、
直接ヒロインと寝取り男たちとの接点を見ることは少ない。
しかし、ヒロインに電話をしてみると明らかになにか起きている様子が
わかったり、ヒロインが普段行かないような場所に移動してたりする。

何かあっただろう日付が過ぎてから彼女の部屋に行けば、
具体的に何があったのかを確認することもできるので、
まさにいつの間にかに寝取られていたというのを強く
楽しむことができるだろう。

SNSや電話といった現代的なものにも通ずる機能なども
取り入れていて魅力も多く、探索ならではのRPG要素を入れている
本作品は魅力も多い作品だろう。

気になったところをあげるのであれば、
本気で進めようと思うと作業感が伴う可能性があるだろう。

ミニゲーム的なものもあるが、基本的には各地を回り、
ステータスを上げていくもしくはヒロインが毒牙に掛かるように
回っていくことが中心となる。

また、できることもそこまで多くないため、
ルーチンワークみたいなものができてしまうような印象もある。
エッチシーンの回収なども何周かしなければコンプは難しい。

そういった点がRPGという媒体での魅力であり、
かつリアリティも感じさせてくれるというプラス点もある。
サクッと抜くような作品ではなく、時間をかけて少しずつ
遊んでいくような形式の作品と言えよう。

9点

知らない間に寝取られるという要素を色々と楽しむことができる
エッチシーン方向としては名作級の寝取られRPG。

日常的なシーンもところどころに描いており、
仲が良く、どことなく意識しているヒロインが
徐々に移動先が序盤とは異なり、夏の終り頃には果てぬ姿に
変化していく様子はまさに寝取られ感を強く感じられるだろう。

一方で、RPGゆえにどうしても寝取られる男と
出会わせるようにしなければいけなかったり、
ルーチンワークみたいなものができやすかったりと、
手間に感じてしまうようなことも多いだろう。

また、思い出回収エリアに謎のザコ敵が出たりと、
クリスタルを破壊していくことで知識や運動を消費していくというのは
そこだけやや現代的な世界観を逸脱していて違和感を感じるような
箇所が個人的にはあるような印象もあった。

10点にしようか迷ったが、やや癖もあるような印象もあったので、
当サイトでは最上位級作品の割り振りとしている9点とさせていただいた。

じっくりと時間をかけて知らぬ間に寝取られていくような感覚に
ハマるようであればRPGも非常に面白いと思う。
また、エロ特化としてもシーン回収をすべてしてしまえば
エロ特化でも非常に優秀な作品だろう。

作業として感じるのか、細かい点での雰囲気を意識しないというので
あれば、ぜひ購入してほしい名作級になる寝取られ作品だろう。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

戦国ランス NTRレビュー

JAPANを舞台に、織田家で他の戦国武将と戦いながら
JAPANに起こる問題や全国統一を目指す戦略SLGが
「戦国ランス」だ。

なお、ゲーム性を除いたNTR視点でのエロ的評価となる。
結論から言えば、今作はNTRをメインに楽しむような作品ではない。
寝取り作品としての誤解を生むような表記がネット上にあるため、
今作は寝取り的な視点にピックアップして紹介していく。

「戦国ランス NTRレビュー」の続きを読む…

若女将になりたいロリ巨乳娘は寝取られやすい NTRレビュー

老舗旅館の息子と結婚したいロリ巨乳のヒロインが
若女将修行として変態おっさんたちのいる旅館を
掃除していくアクション要素の強いエロRPGが
「若女将になりたいロリ巨乳娘は寝取られやすい」だ。

「お客様がいてもいなくても、チリがあれば払う、
 ゴミがあれば拾うのさ」

ヒロイン・まいは旅館の跡取り息子と思われる男性と
婚約を許してもらうために女将の元を訪れる。
若女将になる覚悟も伝えたところ、女将から提示された
修行の内容は、「ゴミ拾い」。

その内容は、旅館に伝わるエロさ引き立つ脆い着物を着て、
光るゴミを拾っていくという内容。

「さりげなく挿入や」

しかし、お客さんたちは裸の変態おっさんたちばかり。
プレイヤーはロリ巨乳のヒロインを操作し、
おっさんたちを避けながら光るポイントを目指して移動し、
エリア内のゴミを完全に片付けていく。

「あんた、よくやったよ、うん、よく乱れていたよ!」

本作品はRPGジャンルに登録されているが、
いわゆる避けゲー系の見下ろし型アクションゲームとなっており、
マップ内のおっさんに当たらないようにしながら
行動していくゲームだ。

近づくとこちらへよってくるおっさんたちに捕まると、
胸をタッチされたり、着物を脱がされていく。
そして何度も捕まってしまい、着物が完全に脱げた状態で
敵に捕まってしまうと犯されてしまう。

犯されてしまうシーンでは、ドット絵アニメーション的な
犯されシーンが展開されるのだ。
犯されているシーンは台詞などはなく、
ドットアニメによる視覚的なエロを楽しむ形だが、
喘ぎのような効果音もついている。

ドット絵自体も歩行グラフィックによるアニメーションではなく、
しっかりと大きめなドット絵アニメとなっているため、
シーン数は5種類&挿入中心というやや好みの有無もあるが、
200円台という価格からするとコスパ的には悪くないだろう。

ゲーム全体の雰囲気はやや賛否が分かれるだろう。
シナリオ展開はオープニングとエンディングが中心だが、
下ネタの多いラブコメのような雰囲気がある。

義母になるであろう女将は、かつて同じ試験を受けたことが
あるようで、女を思い出すような発言や、あえてエロ試験で
あることがわかるようなボロを出したりもしている。

一方でヒロイン自身は最初懸命な姿を見せているものの、
最終的には乱暴な言葉もあり、たくましくなっているようにも見える。
ゲーム中にもおっさんや女将・恋人の寝取られマゾ的な発言が
表示されたりと、全体を通じてあえて軽い印象にしているように思われる。

ゲーム自体も手頃であるゆえに、軽い気持ちで遊べるだろう。

7点

ゲームセンターのノリに近い形で遊べるエロ同人ゲーム。
典型的な避けゲースタイルの作品で、うまく立ち回りながら
アイテムを回収していくという王道的な要素は遊びやすく、
敵の配置自体も難しすぎず、簡単すぎないぐらいにまとまっている。
見ずらい場所にゴミが配置されたときは手応えも感じられるだろう。

一方で、敵に触れなかった場合もエッチなことがあったような
形で話が進んでしまったり、犯され具合によってエンディングが
変わるような展開もほぼ内容に思えるなど、
物足りないポイントもあるように感じられる印象だ。

しかし、200円という価格で遊べる作品としての
とっつきやすさなどもあるため、軽い気持ちで好きな男性がいる
女性が犯されてしまうような雰囲気を寝取られとして楽しみたい
ときには選択肢にも入れられる作品だろう。

ドット絵自体は悪くないため、
人やプレイするときの気持ちを選ぶ印象もあるお手軽作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA

僕を助けてくれた姉がこの度、DQN達に滅茶苦茶にされました。 NTRレビュー

表向きは自分を守っていた、好意を持つ姉が
自分をいじめる男たちによって犯されており、
その現実に姉は知らないものの自分は知っているという
姿を体験できるのが
「僕を助けてくれた姉がこの度、DQN達に滅茶苦茶にされました。」だ。

本作品がDQNたちにいじめられたときは
常に強気で言い返してくれていた血の繋がらない姉が、
実はDQNたちに犯されており、その事実を主人公自身は
知っており、その姿に興奮を覚えてしまうという
物語を楽しむことができる同人誌だ。

白黒形式の作品となっており、画像枚数は
サムネイルや非エッチシーンなども含めると画像46枚。
挿入やアナル、ぶっかけなどシチュエーションは多数搭載している。

「僕は何もできず
 その声を オカズにマスをかくだけだった」

今作品は「僕を守る」というヒロインの特性があるものの、
実は弱いヒロインで、完全に敗北しているところを
見ていくことになる、陵辱作品よりの印象がある。

テンポを重視しているような印象があり、
守るようなシーンはかなり少ない枚数で描いている。
「弟の前では強気」を見せるような場面もあるが、
序盤からヒロイン自身は完全にDQNたちに負けてしまうため、
抵抗などを見せる場面は少ない。

それゆえ、「強い女性」が「完全に陵辱に負ける」というような
シチュエーションが楽しめるだろう。

「犯され続けてる 姉の声を聞きながら
 僕は激しく勃起していた」

また、今作は非常にテンポよく進んでいくのが特徴的だ。
主人公の語り口に合わせてシーンが進んでいくのだが、
DQNや姉の行動を記述した直後にその関連シチュエーションが
描かれ、1つのシーン非エッチシーン数枚と、
エッチシーン1~2枚ほどで描いていく。

一つ一つのシーンは短く、想像を深めていけはしないものの、
テンポの良さ故に回想シーンを見ている我のごとく進んでいき、
物語全体として、好きな人が陵辱されていることに対し
何も行動できず、さらに勃起してしまう情けない姿を
投影していくことができるような印象だ。

7点

個人的には強い女性というよりかは、
好きな姉がDQNに陵辱され、ゴミのように扱われてしまう
姿を情けなく見ていくシチュを強く楽しめる作品に思う。

一つ一つのシーンを深く楽しむというよりかは、
全体を通して「好きな人が陵辱で犯されていく」事に対し
弱いままで、そのまま興奮までしてしまう情けなさ。

そんな寝取られ雰囲気を強く楽しめる作品だろう。
流し見のような感覚で陵辱寝取られを楽しめる作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA
yuni-022

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~ NTRレビュー

305号室のオンナは管理人に孕まされる。
新しく引っ越してきた新米夫婦をターゲットに、
盗撮カメラをネタに犯し寝取る姿を楽しめるのが
「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~」だ。

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

「305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~ NTRレビュー」の続きを読む…

淫辱の籠 ~目の前で、汚され、堕ちていく貴女を俺は守れない~ NTRレビュー

お互いに意識している考古学部の先輩とやってきたとある宿。
そこのしきたりは「カップルでやってきた女性を犯す」ということ。

監禁され、愛しく感じていた先輩を目の前で犯されて
壊れていく様子を楽しめるのが
「淫辱の籠 ~目の前で、汚され、堕ちていく貴女を俺は守れない~」だ。

淫辱の籠 ~目の前で、汚され、堕ちていく貴女を俺は守れない~

2013年11月にアバタイトさんが公開された本作品は
ロープライスのアドベンチャーゲームだ。
ゲーム内に選択肢箇所が最大で二箇所ある、
ほぼ一本道で軽い分岐のあるボイス付きエロゲー。

シーン数は13シーンほど。

「淫辱の籠 ~目の前で、汚され、堕ちていく貴女を俺は守れない~ NTRレビュー」の続きを読む…

対矛忍アキカゼ NTRレビュー

自分にとっては大好きなご主人様ともいえる
S系の女の子は自分以外にはドM。
マゾ向けに寝取られ要素を取り入れているような作品が
「対矛忍アキカゼ」だ。

対矛忍アキカゼ

ボトムズさんによる対矛忍シリーズ第二弾として登場した本作品。
ヒロインであるアキカゼは劣等遺伝子をアナタの精液を回収すること。
通常は体を使って搾り取る忍びが多いそうだが、アキカゼは違う。

アキカゼに罵られたりすることが大好きであるアナタだからこそ、
彼女は自分にとってはドSでご主人様のようにも立ち振る舞う彼女が、
あえて他の男達には股を簡単に開く女であることを語り尽くすことで、
「大好きな女性」を「寝取られる」ような「ドM」的なマゾ基質で
オナニーさせるというプレイを行っていくのだ。

本作品はそれゆえに、ヒロインの2つの雰囲気が特徴的だ。
聞き手であるアナタに対しては、甘い言葉を時折混ぜつつも、
強い口調で言葉責めを交えながら語ることも多い。

一方で、寝取られるような要素のポイントに入ると、
アナタに対しての強い口調とは異なり、アヘ顔を晒しているような
貞操概念の低い、痴態をご大好きなドM女性に大きく変化する。

大好きなドSな性格であるはずの女性が、
ドMのように雰囲気を変化させて痴態を見せまくるような
様子はなかなかおもしろい変化のある寝取られ感だろう。

なお、本作品は某退魔系忍者をイメージしているが、
原作との関係性はない。また、チュパチャプ音がなく、
射精を示唆するような事前指示などは少ない印象だ。

ヒロインが大好きという前提条件がややナレーション気味に
導入されている印象故、ある程度女王さまキャラを自分の中で
イメージしながら楽しむといい作品ではないかと思う。

7点

自分にとってはS的な女性が、自分以外では痴態を振るうという
設定が特徴的で個性的な印象も強く抱く寝取られ作品。

聞き手とヒロインとの関係性がSとMという設定故に
あまり背景がなくても寝取られるような関係性を強く出ている点は
とても個性的で、実際のエッチシーンではドMというアナタの設定を
活用して理由もなくガッツリM女的な立ち位置へとすんなり変化する
ヒロインに特化して無駄を省いているような要素も個性的だ。

一方で、ヒロインとの主従関係を序盤で築いた後は
ところどころに言葉責めはあるものの、アヘ顔系のドM女プレイが多いので、
序盤で入りきれないと世界観には入りづらい印象もある。

また、どちらかというと会話や隠語主体で進めており、
効果音もないので、会話主体の小説系のような印象もあり、
今どのぐらいまで感度を上げれば良いのか、
どういう行動をすれば良いのかわからないような構成にもなっており、
どちらかというとオナサポ系というよりかは、
ドラマ的な作品として第三者視点で聴くような作品のようにも思える。

個性が強く、作品の構成にも個性が出ている印象もあるサークルさんの
作品故に、賛否も分かれるような印象のある作品だ。

当サイトとしては演技の変化も面白く、個性的な寝取られ劇である一方、
ややオナニー命令が出る一方で今は何をするべきなのか分かりづらく、
射精命令などの伏線や動作誘導がややわかりにくい印象もあった。

個人的にはアヘ顔のようなSプレイも行けるMプレイ好きで、
やや弄ぶ悪女的な要素が好きな人向けの作品である印象だ。

この作品をダウンロードできるサイト


対矛忍アキカゼ

この作品が好き人へ次におすすめするNTR作品