Hな酒場へようこそ NTRレビュー

様々な寝取らせよりのエロ要素を組み込んだ
酒場経営ゲームを楽しむことができるのが
「Hな酒場へようこそ」だ。

借金相手の貴族・アドバイスをくれてるおじさん・料理人・お客。
多彩な相手に主人公を意識していた女性二人が寝取られてしまう
姿を寝取らせよりのシステムで楽しめる作品だ。

お二人が私の嫁になれば、
借金を免除してやりましょう

酒場で働いていた主人公と、
元オーナーの義娘である美月・アオイ。

オーナーがなくなり、店を相続した三人だったが、
美月・アオイをつきまとっていた貴族の男性に対し、
オーナーが借金をしていたことが判明する。

借金の返済に間に合わなければ
主人公を意識している美月・アオイを一週間、
貴族の男性に差し出すということを約束に、
酒場を経営しつつ、ヒロインを寝取られる前に
恋人を目指していく
のだった。

本作品は毛ガニ研究室さんが2020年7月に公開された
Unity製のシミュレーションゲームだ。

毎日夕方・夜に酒場へお客様がやってくる。
お客様は酒・食事・Hな要求の最大3つの要求をしてくるため、
要求した酒を所持していれば酒を売ることができ、
さらに食事お客に対しては所持している食事を売る、
Hな要求をしてくれば従業員を選んで奉仕させる。

そういったことを通じて売上が伸び、
さらに酒を提供したり、お客様が望むジャンルの食事を
提供することができれば評判が上昇。

売上をあげることで、借金が返済できる他、
所持金や評判を使って仕入先や新しい料理、スキルを獲得し、
よりよい経営を目指していくのだ。

経営ゲーム要素は非常に簡単だ。
所持金や評判を使ってマップ上の待ちを選ぶと
町から素材や酒の仕入れができるようになる。

お客様が望む酒を所持していれば酒を提供できるので、
酒の種類を多くストックすればするほど売上につながる。

さらに、素材を使って調理をお願いして
料理を増やすこともできる。
複数の素材を消費することで単価の高い食事の在庫が増える。
お客様が食事を要求した場合、
食事を提供できれば売上があがるのだ。

ベースは素材を仕入れて提供できる体制や
高単価の料理を提供するというシンプルなものだが、
ここで寝取られ罠などがあるのが今作の面白さだ。

まず素材は町によって単価が異なる。
また、素材は一度に5つずつの溜め買いでかつ一度の買い物は5枠。
一度の買い物ごとに送料が取られてしまうため、
ある程度金を溜めないと効率的な支払いができない。

2つ目の料理要素では料理人の男が彼女たちを狙っているのだ。
一度の料理は1~9個まで生成できるが、あまりにもこまめに
依頼をしてしまうとヒロインが毒牙
にかかってしまう。

3つ目、エッチな要求をやりすぎてしまうと
ヒロインたちが寝取られに対する抵抗も少なくなる。
卑猥な行為を愛しい主人公以外とすることに
抵抗がなくなってしまう
のだ。

これらに加えて、ヒロインたちが発情しすぎてしまうと
店でエッチしてしまったり、借金が返せないと貴族の男に
調教されてしまったりするのだ。

野球拳を要求してくる貴族が来店することもあり、
少しで経営がうまくいかず、ヒロインたちも寝取られてしまえば、
店の中央では野球拳に負けたヒロインがエッチしたり、
風俗の練習として男と抱かれていたり。

酒場なのか娼館なのかもはやわからないような
レベルの経営にもなってしまうのだ。

そんな本作品はシンプルだけどやりごたえのある
経営ゲームと短めだけど多彩なエッチシーンが
魅力的な作品
だろう。

仕入れて料理化・もしくは提供するといったシンプルなものだが、
まとめて仕入れなければいけない点や、
料理しすぎてしまうとヒロインがピンチになると考えると
闇雲にお金を使えば良いわけではない。

一方であまりにも売上が低いと定期的な返済ができない。
シンプルなルールだが、他方面を意識しながら
進めていかなければいけない

一方である程度どちらのヒロインを相手にさせるかを
選んでいくことができる面もあるので、
やや好意を持つ女性を寝取らせるような面も強いだろう。

ゲームを遊びつつも
ヒロインが淫らになるようなシチュを楽しみたいなら
面白い作品だろう。

9点

昔ながらの仕入れて加工して売るという経営要素に
寝取らせ・寝取られ要素を組み込んだゲーム性重視の
美少女ゲーム。

いわゆる作業的な要素を組み込んだ
管理や選択が楽しいやりごたえのある経営ゲームに
寝取られるかもしれないというリスクがあり、
小さな失敗も繰り返せば大変なことになってしまう、
そんな緊張感を味わいながら楽しめるゲームだろう。

一方で、テキトーにやればどんどんとヒロインが
淫らになっていくのを楽しみ魅力もある。

個人的には最初はガチで遊んでいき、
力不足感を感じながら寝取られていくような感じを
味わっていくようなゲームを楽しんでほしい作品だ。

なお、エッチシーンは短めなものが多く、
SLGゆえの作業感はある。

だが、短めな分、あちらこちらでエッチシーンもあるので、
ゲームを見ながらついつい気持ちが熱くなってしまうような
雰囲気のゲームでもあるし、作業感ゆえの楽しみは
しっかりとある印象だ。

人を選ぶような印象もあるが、
経営×NTRというのにピンとくるのであれば
ぜひ手にとって欲しい作品だ。

この作品をダウンロードできるサイト

■ DLSite

■ FANZA